スポンサードリンク

ペンタックスフルサイズ一眼レフのスペックがリーク!?645対応!スーパーフルサイズモードとは?(photorumors)

Pocket
LINEで送る

photorumorsにPentaxのフルサイズ一眼レフカメラの製品情報ページのスナップショット?と思われるイメージが掲載されました。

  • 3600万画素 フルサイズイメージセンサー
    • ローパスレス
  • 5軸ボディ内手ぶれ補正(SR)搭載
  • 645レンズアダプター
    • Pentax 645レンズをクロップしセンター部の解像度で撮影
  • ピクセル単位でのRGBを取得するリアルレゾリューション搭載
    • SRを利用
  • 回析補正
  • x0.78光学ファインダー
    • ペンタプリズムによる大型高解像度光学ファインダー
  • PRIME IV 画像処理エンジン
    • 14ビットイメージプロセッサー
    • PRIME M2がベース
  • スーパーFFサイズ合成機能(将来予定)
    • SR機構及び、645レンズ使用

注目はTBDとなっている、スーパーFFサイズ合成機能(スーパーフルサイズ合成?)です。
645レンズとSRを利用ということは、SR機構でイメージセンサーを移動させフルサイズより大きなイメージサークルで複数撮影し、それを合成することで実質35mm判フルサイズよりも実質的に大型のセンサーで撮影したイメージを得ることが出来るということなのでしょうか?

ペンタックスのSRは、アストロトレーサーでも使えるくらい広範囲に移動するという利点があるようです、加えて645レンズを持つペンタックスでしか実現出来ない素晴らしいアイデアですね!

もちろん、今回のイメージはフェイクということも考えられますが、その内容は納得のスペックだと思います。
期待のペンタックスのフルサイズ一眼レフカメラはこの通りのスペックで出て来るのでしょうか?

ちなみに645Zの標準レンズとなるsmc PENTAX-D FA645 55mmF2.8AL[IF]SDM AWレンズは、なんと8万円台前半で購入できますので、これのレンズが新型フルサイズ機のこれまた目玉レンズになりそうです!

しかーし!ペンタックスは先月645レンズの値上げを発表しています!(^^;;

こ、これは、新型フルサイズ機が出る前の準(ry、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す