スポンサードリンク

iPhone初代モデルから6sまでのカメラ性能が判るサンプルイメージ比較

Pocket
LINEで送る

今月恒例のiPhone 6sが発表されましたが、カメラ的には800万画素から1200万画素に大きく進化を遂げています。
そこでpetapixelが初代iPhoneの200万画素から、3G、3s、4、4s、5、5s、6、そして6sを同じ条件で撮影した写真をサイドバイサイドで比較できるようにしたイメージを掲載しています。

One of the big improvements in the new iPhone 6S and 6S Plus are the new camera modules, which now shoot 12-megapixel photos.

Via : How the iPhone 6S Camera Compares to All Previous iPhones

PetaPixelの分析

  • 特にマクロ撮影においては初代の200万画素からの進化が良く判る
  • 裏面照射タイプになり低感度での性能が大きくジャンプアップしている
  • ポートレートにおいて、iPhone 6sは色再現性及びノイズ低減処理が進化している
  • 写真を拡大するとシャープネスについても向上しているのが判る
  • センサーの進化、ソフトウェアの進化、また、新A9プロセッサーはこれまでのiPhoneの中ではベストである
  • AF速度、色再現性、ディテール再現性、シャープネス、特に、低感度での性能が明らかにに進化している

最新モデルとしてiPhone 6sのカメラ性能がベストであるということは当然ですが、iPhone 5あたりから条件によってはコンパクトデジタルカメラに匹敵する画質を実現していると思います。

毎年進化を続けるiPhoneのカメラ画質は今後は更にカメラメーカーにとって脅威となりそうですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す