スポンサードリンク

パナソニックGX8 vs GX7 vs OM-D E-M5 Mark II等倍比較(imaging-resource)

Pocket
LINEで送る

imaging-resourceが、Panasonic LUMIX DMC-GX8のβ機のテストを行い、先代のGX7と、マイクロフォーサーズ機のライバルとしてOLYMPUS OM-D E-M5 MarkIIで、同じスタジオ撮影条件で比較した等倍切り出し比較イメージをアップしています。

While it may be a beta sample, we’ve gotten our hands on a brand-new Panasonic GX8 and shot some test photos with it.

Via : Panasonic GX8 Beta First Shots: Pixel-peep the highest-res Micro Four Thirds camera to date

  • G8Xはベータ機のサンプルイメージで画質は市販バージョンと異なる可能性がある
  • G8Xに採用された2030万画素4/3型センサーは現在のマイクロフォーサーズ機で最も高解像度となる
  • 新型センサーはこれまでパナソニックが長く使って来た1600万画素センサーより解像度、ダイナミックレンジ共に向上しているという
  • GX8はGH4から継承した新ビーナスエンジンが新型センサーとの組み合わされており、解像度のみならず、階調、色再現性、高感度におけるノイズの改善とより自然なノイズ処理を実現しているという
  • ベースISO及び、ISO600の等倍切り出しイメージをGX7とOM-D E-M5 MarkIIとの比較イメージを掲載したので、皆さん自身でこれらの主張を比較して欲しい

ISO6400を見ると2030万画素になり解像感を保ったままノイズコントロールが出来るようになっているように見えます。

現時点のマイクロフォーサーズ機の中で最も新しいセンサーを搭載しているということで、注目の1台になりそうですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す