スポンサードリンク

パナソニックLUMIX DMC-GX8発表 2030万画素「Dual I.S.」搭載「機動力が、画質力を手に入れた」

Pocket
LINEで送る

Panasonicが新マイクロフォーサーズカメラ LUMIX DMC-GX8を発表しました。
噂通り、2030万画素、ボディ内手ぶれ補正、4K動画搭載ということです。
発売は8月20日ということです。

また、ストリートフォトがメインテーマとして訴求されており、より写真好きの方、上級者に向けたカメラと思われます。

製品情報ページ

特長/スペック概要

  • イメージセンサー 4/3型Live MOS センサー
  • 有効画素 2030万画素
  • ISO25600
  • 世界初レンズ(2軸O.I.S.)とボディ(4軸B.I.S.)の6コントロールによる手ブレ補正機能「Dual I.S.」
  • メカニカルシャッター時 連写8コマ/秒
  • AF/MF
    • 49点AF
    • 約6コマ/秒、高速AF追従連写
    • 空間認識AF
    • 240fps駆動 高速・高精度コントラストAF
    • アイセンサーAF
    • 顔・瞳認識AF、星空AF、ローライトAF、カスタムマルチAF、ピンポイントAF、1点AF
    • MFアシスト ピーキング
  • 4K
    • 3840×2160(4K/30p)
    • 4Kフォト 秒間30コマ
  • 約236万ドット OLEDファインダー ファインダー倍率0.77倍
  • 3.0型 約104万ドット OLEDフリーアングルモニター
  • フリーアングルモニター
  • タッチパネルによるタッチAF、タッチAE、タッチパッドAF、タッチシャッター、タッチズーム
  • 約0.5秒高速起動
  • マグネシウムボディ&アルミ切削ダイヤル
  • 防塵・防滴ボディ
  • UHS-I(U3) SDカード対応
  • 外形寸法  幅 約133.2mm x 高さ 約77.9mm x 奥行 約63.1mm
  • 質量
    • 約435g(本体のみ)
    • 約487g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)
    • 約752g(14-140mm、本体、バッテリー、メモリーカード含む)

ハービー山口氏によるLUMIX GX8 PHOTO GALLERY

LUMIX マイクロフォーサーズ初のボディ内手ぶれ補正、4K搭載、EVF搭載、防塵防滴ということで、これはマイクロフォーサーズ機としての集大成的な機種になりそうで、とても魅力的なカメラだと思います。

ただ、個人的にちょっと気になるのは、価格、マイナビニュースによれば、ボディのみの市場想定価格が14.5万円ということですので、これはこれでライバルの中級機、あるいは、フルサイズミラーレス機との競争になりそうです。

とは言え、静止画と動画両方が高画質の小型ミラーレスカメラとしてパナソニック独自の優位性がありそうですね!

8月20日の発売を予定している。価格はオープンで、推定市場価格は、ボディのみが145,000円前後、高倍率ズームキットが180,000円前後(ともに税別)。

Via : パナソニック、2,030万画素の「LUMIX DMC-GX8」 – 初の2軸+6軸手ブレ補正も | マイナビニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す