スポンサードリンク

キヤノンEOS-1D X Mark IIはAFが大きく進化(CR)

Pocket
LINEで送る

もしEOS-1D X Mark IIが8月14日に発表されるとすればそろそろ騒がしくなる頃の筈ですが、CanonRumorsは兆候を感知していないということです。
よって、もしその日に本当に一眼レフカメラが発表されるとしれば、SL1(EOS Kiss X7)の後継機EOS Kiss X8であると予測しています。
ただ、その EOS-1D X Mark IIの新機能について幾つかの噂が出てきているようでそれが纏められています。

There hasn’t been a lot of chatter about the EOS-1D X Mark II, which tells us the camera probably isn’t what’s coming on the rumored DSLR announcement on August 14, 2015.

Via : Some Talk About the Canon EOS-1D X Mark II [CR2]

  • EOS-1D X Mark II は現行の61点より多いAFポイントとなるが現時点でその数は明らかでない
  • またそれら殆どのAFポイントがクロスタイプ化される
  • ビューファインダーには、これらAFポイントを全て活用出来るような何らかの新技術が採用される
  • AIサーボモードでのAFポイント表示は赤くソリッドな形状が表示されるようになる
  • テストカメラにはOLEDディスプレイを持つという話もあるが、生産モデルに採用されるかは不明
  • テストカメラのOLEDは、トップディプレイに採用されるのか、メインディスプレイに採用されるのかは不明
  • エルゴノミクスはそれほど大きな変更は無いが、更なるボタンカスタマイズオプションが搭載される

EOS 5Dシリーズは超高解像度や動画にフォーカスした進化を進めているようですが、EOS-1D系はやはりスポーツ系報道系に対応するようなAF性能の進化を進めるということですね。

EOS 7D Mark IIでは素晴らしい進化を遂げましたので、今度はEOS-1D Mark IIのAFはキヤノン一眼レフカメラ集大成ということになりそうですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す