スポンサードリンク

飼い主歓喜!?ニコンが提案するワンちゃんが写真家になる「nikonphotog」が素晴らしい!

Pocket
LINEで送る

ニコンHeartographyプロジェクトで提案するのは、心に響く写真を撮るということ。
何と、ニコンはそれをワンちゃんにも応用出来ないかということを考えたようです。

ニコンアジアはGrizzlerという名前のワンちゃんでテストした、彼が興味を持ったシーンを撮影する様子を収めた動画「Heartography, Photography Straight From the Heart」をYoutubeにアップしています。

正に“犬目線”な写真が面白い!!

この撮影で使っているニコンが考えた「nikonphotog」カメラは、犬の首輪にに心拍モニターとコンパクトデジタルカメラマウントを合体。

そして心拍数の変化があった場合、つまりワンちゃんが興奮したことを感知してカメラのシャッターをレリーズさせるというアイデアを創り上げました。

 

カメラはニコンのコンパクトデジタルカメラCOOLPIX L31(日本では現在COOLPIX L32が現行モデル)

そのカメラケースの前面には、有機ディスプレイが搭載されワンちゃんの心拍数が表示されます。

飼い主の方は、トリガーを動作させる心拍数を選択することによって、ワンちゃんはカメラマンになるのです。

アクションカメラがマウント出来るドッグハーネスなどの製品も幾つか発売されていますが、この場合、だた動画を撮影するというだけに対して、「nikonphotog」はワンちゃんが興奮した時にスチル写真を撮影するというコンセプトが素晴らしい!

他の有象無象のメーカーが直ぐにでもマネしそう(^^;なので直ぐにでも発売してくださいね!

個人的には、心拍センサーが搭載されているというApple Watchが、iPhoneのカメラトリガーするというのも面白そうですが。、、コーフンした時チャッターを押してしまうというのは、場合によっては問題があるかもしれませんね!!;;;^^)

Grizzler became the first canine photographer with a little bit of help from Nikon – they developed a device that turns emotions into photographs by using the dog’s heart rate to trigger the camera. You can see some of the pictures taken by Grizzler in this video from Nikon Asia:

Via : Heartography: Nikon created a pho-dog-grapher by attaching a heart rate triggered camera to a dog | Nikon Rumors

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す