スポンサードリンク

「新東京物産×澤村徹 HandeVision体験撮影会」で世界最大口径f/0.85の世界を体験して来た

Pocket
LINEで送る

Kiponのマウントアダプターの日本での取り扱いを行っている新東京物産様と、オールドレンズライフ、オールドレンズパラダイス等の出版で有名な写真家澤村徹さんが開催されたイベント「HandeVision IBELUX 40mm F0.85の体験撮影会」に参加させて頂きました。

HandeVision IBELUX 40mmの開放F0.85は、現在販売されているミラーレスカメラ用レンズで世界でも最も明るい開放値を持つ1本ということです。

澤村徹さんによるデジカメWatchの記事を読んで頂くとこのレンズについて良く判ると想います。

HandeVisionというブランドは、KIPONの製造元である上海伝視撮影と、ドイツの光学研究所IB/Eオプティックスが協業で設立したレンズブランドだ。

Via : 交換レンズレビュー:IBELUX 40mm F0.85 – デジカメ Watch

 

HandeVision IBELUX 40mm F0.85+X-Pro1

で今回体験させて頂いた、HandeVision IBELUX 40mm F0.85ですが、なんと、澤村徹さんご所有のFujifilm X-Pro1に装着された状態でそのまま撮影に使わせて頂きました。

HandeVision IBELUX.+ FUJIFILM X-Pro1

A photo posted by You Dmaniaxx (@dmaniaxcom) on

レンズ単体の重量は1.15kgという、ミラーレスカメラとしては大きめのX-Pro1に鑞着するとかなりの貫禄になります。

使い勝手

流石にF0.85の超大口径ということですが、MFレンズということで、その重さの殆どがレンズエレメントのガラスによるもの、大きく重いレンズをマニュアルで操作した時その価値を感じました。

ただ、X-Pro1に装着した場合、グリップの引っかかりが無く右手の薬指と小指に相当の負担が掛かってしまいますので、追加グリップやケース、あるいは、X-T1(も追加グリップ)等で撮影された方がより快適かと思います。

手前にフォーカシングリング、そして、ボディから離れた位置に絞りリングがあるというレイアウトですが、フォーカシングリングの幅が広く、X-Pro1のようなレンジファインダーカメラに装着する場合的に使うにはベストな位置であると感じました。

リングの回転角は比較的多く、近距離から無限遠に一発で移動することは出来ません。

ただ、撮影する前に、おおよその距離を目視で確認して、距離指標にあわせ、かつ絞りも毎回確認しながら撮影に入るということで使えば、まったく問題無いばかりか、開放での浅い被写界深度を確認する為に必要な回転角だと思います。

フードは組み込み式で、スライドさせると出て来る方式ですが、その繰り出し量は1cm程度でしょうか、無いよりはましとも言えますが、そんなメカニカルなギミックもこのレンズには嬉しい仕掛けでした。

絞りのクリックは弱め、ですが、このレンズはプロトタイプということで、製品版では固めのクリックになっているということです。個人的にはこのくらいでも問題無いと思います。

ちなみにIBELUX 40mm F0.85はドイツのIB/Eオプティックスという会社が設計し、Kipon社が製造した製品ということですのでいずれも定評のあるメーカだけあって、品質や保証も安心出来るというもの良いと思います。

 

開放〜の絞り値による変化のテスト

fotois.comの方にイメージと感想をアップしています→こちらのページ

HandeVision IBELUX Test Shot
早速ですが、HandeVision IBELUX 40mm F0.85を、X-Pro1にマウントされた状態で実写させて頂けることになりましたので、まずは驚異の開放値f/0.85から絞りでどのように変化するかを確認してみました。

F0.85は若干のフリンジと、被写体の距離によってはフォーカスがソフトになる傾向がありますが、それでもF1.0に設定しただけででいきなり普通のレンズとして使える描写になります。

F2.8以上では普通のレンズとしてまったく問題無く使えると思いました。

 

HandeVision IBELUX 40mmの感想

fotois.comの方にイメージと感想をアップしています→こちらのページ

 

HandeVision IBELUX 40mm F0.85 不忍池で
「新東京物産×澤村徹 HandeVision体験撮影会」でHandeVision IBELUX 40mm F0.85 とX-Pro1を貸して頂き、放置(^^;いや、自由作例の方をアップしています。

撮影するまでF0.85という大口径を実現する為、相当無理のある所謂クセ玉のレンズを想像していたのですが、実際撮影してみると、ごく普通に撮影出来たことがある意味驚きでした。

開放での画質は完璧とは言えませんが、逆に、このレンズは開放で撮影するからこそ価値のあるレンズだとも思いました。

 

モノクロ現像してみた

fotois.comの方にイメージと感想をアップしています→こちらのページ

 

HandeVision IBELUX 40mm F0.85 X-Pro1のモノクロで開放
澤村徹さんのFujifilm X-Pro1にHandeVision IBELUX 40mm F0.85 で撮影させて頂けることになりました。 その中から幾つかの写真を、モノクロ現像していみました。

X-Pro1と抜群に相性が良かったのがモノクロ撮影だと思います。

開放で無理の無い柔らかい光を、そのままX-Transセンサーが柔らかく受け止めている感じです。
富士フイルムのXシリーズと組み合わせると、APS-Cという大きなセンサーの描写と、フィルムライクなカラーとモノクロの絵が楽しめる素晴らしい組合せですね。

 

まとめ

HandeVision IBELUX 40mm F0.85は良い意味で予測を裏切った素晴らしいレンズでした。

また今回のイベントはF0.85という世界を堪能出来た素晴らしいイベントでした。
すばらしい機会を準備して頂いた新東京物産様と、いろいろこのレンズについて教えて頂いた、澤村徹さんに感謝いたします。

 

そんな撮影会の様子は早速、澤村徹さんのmetalmickey’s blogにアップされています。

今日は新東京物産のイベント、HandeVisionの体験撮影会でした。同ブランドの大口径レンズ「IBELUX 40mmF0.85」」で、実際にスナップを楽しもうというイベントです。ミラーレス機用交換レンズとして世界最速のF0.85というスペック、やはりこのレンズでしか成し得ない絵がありますね。撮影画像をめいめいお持ち帰りいただいたので、今頃はパソコンの前でニンマリしているところでしょうか(笑)。

Via : 新東京物産×澤村徹 HandeVision 体験撮影会: metalmickey’s blog

新東京物産株式会社のHP

HandeVision | ハンデビジョンホームページ

Kipon社のHP

IB/Eオプティックス社のHP

IB/Eオプティックス社のプロモーションビデオ

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す