スポンサードリンク

米国キヤノンChuck Westfall氏がEOS 5Dsの5060万画素センサーは完全自社設計・製造と発言

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

発表前からキヤノンの新型センサーはソニーとのコラボレーションであるという噂が流れていました
また先日CanonWatchがCanon EOS 5Dsに搭載されている5060万画素イメージセンサーの製造はソニーで行われてるという情報を流しました

今回photorumorsのサイトで、shutterbug.comがChuck Westfallにその件を確認したという情報を引用し掲載しました。

Prior to the Canon EOS 5Ds announcement, several websites reported that the new 50MP sensor was developed with/by Sony. Apparently this is not the case – the sensor was developed and produced “completely in-house” by Canon

Via : The new 50MP sensor inside the Canon EOS 5Ds camera is not made by Sony | Photo Rumors

Despite some rumors to the contrary, Westfall said the 50.6MP CMOS sensors in the 5DS and 5DS R are developed and produced by Canon. When asked whether they were created in collaboration with Sony as some rumors indicated, Westfall responded by saying: “Absolutely not. The sensors were developed completely in-house, by Canon.”

Via : Canon Launches 50.6MP EOS 5DS and 5DS R: World’s Highest Resolution Full Frame DSLRs | Shutterbug

  • Westfall氏は5DS及び5DSRに搭載されている5060万画素CMOSセンサーの開発及び製造共にキヤノンである
  • ソニーとのコラボレーションがあるのかを確認したところ「完全に無い、センサーの開発は完全にキヤノン内部によるものだ」と回答した

センサーの製造工場はなんとなく気になるもので、話題になりやすいものですが、この件これで決着ということでしょうか?

分解して確認することろが現れそうですが;;^^)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す