スポンサードリンク

ニコンがD750バンド状フレア問題の対応方法を発表

Pocket
LINEで送る

1月9日にニコンが対策を約束していた、D750のフレア問題の具体的な対応を発表しました。

既にご購入されてこの現象の低減をご希望されるお客様につきましては、弊社サービス機関にて下記の対応をさせていただきます。お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

Via : ニコンデジタル一眼レフカメラ「 D750 」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

対応内容

  • ニコンのポートページより「製品番号の確認」
  • 三脚穴に記される黒丸:点検・調整済み識別マークを確認
  • 該当する場合は、ニコンの修理センターに着払いで送付

これまでの記事

この数週の間、幾つかのウェブサイトでNikon D750で逆光時に撮影した写真のフレア部分にバンド状の影が見れる現象が報告されているようですが、imaging-resourceがその検証と分析を行った記事をアップしました。

Via : ニコン D750のバンド状フレアはAFユニット部光学系の反射が原因?(imaging-resource) | YOUのデジタルマニアックス

少し前からニコンD750のユーザーで話題になっている、厳しい逆光の条件で画像上部にバンド状のシャドー状のシャドーが発生する問題について、米国ニコンよりステートメントが発表されたようです。

Via : 米国・日本のニコンがD750で発生するバンド状シャドー問題に関するステートメントを公開(追記) | YOUのデジタルマニアックス

昨年末ニコンが告知していたNikon D750で発生する不自然なフレア現象に関する告知ページで、その対策内容に関する告知がサポートページに掲載されました。

Via : ニコンD750で発生するバンド状フレアの対策予定に関する告知 | YOUのデジタルマニアックス

これで、一安心ですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す