スポンサードリンク

オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROレビュー記事(KASYAPA)

Pocket
LINEで送る

マップカメラの写真レビューサイトにオリンパスのマイクロフォーサーズ向け大口径望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」のレビュー記事と素晴らしい作例としてサンプルイメージが掲載されています。
レビューで使われているボディはOM-D E-M1のようです。
 

オリンパスからプロフェッショナルレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」が登場した。35mm判換算80-300mmでズーム全域F2.8の大口径ズームレンズとなる。

Via : マップカメラ | KASYAPA | 257:コンパクトな高画質サンニッパズーム『OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO | OLYMPUS

 

 

■使い勝手・質感

  • 持ち運びにも苦にならない
  • 作りはしっかりとしている
  • ズームリングのトルク感やマニュアルフォーカスリングも滑らか
  • 「M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC14」で400mm超えF4のレンズが約1kgでバッグに収まるという事に驚き
  • 最短撮影距離70cmなので寄りの撮影にも強い
  • 簡易的なマクロ撮影だけではなく、ポートレート撮影にも真価を発揮する

■画質

  • 解像感・コントラストが素晴らしい
  • 絞り開放からクリアでしっかりと解像
  • 滑らかで立体感のあるボケが特徴
  • 階調も豊かで、レタッチ耐性もある

■まとめ

  • 大口径レンズの大きなボケが、新たな表現力
  • タフなレンズで、長く使っていける1本だ
  • 機動性の良さと、高画質で写真好きな方に是非使って欲しい

大口径レンズの高画質とコンパクトが両立出来たとすれば、マイクロフォーサーズの利点がこの領域のズームレンズでも活かすことが出来るということですね。

また、今回のレビューはモータースポーツの撮影ということで、E-M1のAF性能も含めていよいよミラーレスもこの領域でプロ向けにも使えるようになって来ているとも言えると思います。

田中希美男先生のレビューでもこのレンズが絶賛されていますし、価格的にもとても魅力的なレンズですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す