スポンサードリンク

2015年はキヤノン4Kカメラ豊作の年に?EOS 7D mark IIもファームアップで???

Pocket
LINEで送る

canonrumorsが2015年にキヤノンがシネマ領域を中心として4Kカメラを復数投入することになるという予測記事を掲載しました。

We’re told to expect “a bunch” of 4K products from Canon, starting in early 2015. There will be products in the EOS line, Cinema EOS line and possibly the VIXIA line.

Via : 4K Products Coming From Canon [CR2] « Canon Rumors

  • 2015年初頭からキヤノンはEOSライン、シネマEOSライン、VIXIAラインの4Kプロダクト群を発表する
  • EOS C300とEOS C500は2015年にアップデートされるが、C300後継機にも少なくとも4Kを獲得する
  • キヤノンがARRIのように6Kに進出するかは不明だが、良い情報源が、NABショーでこれまでのシネマEOSとは異なるフォームファクターを持つエースカメラが見ることになると語った。
  • 一眼レフの4K対応能力についてはそれほど多くを語られていない、そこでEOS 7D Mark IIがファームアップで4K対応になるか可能性を聞いが明確な答えは得られなかった。

シネマEOSを順調に立ち上げることに成功したキヤノンですが、次の着実なステップとして4Kに対応するのは当然のことだと思います。
先日もEOS C100 Mark IIが発表されましたので、C300 Mark IIやC500 Mark IIも発表されそうですね。
更に上位の4Kや6Kカメラについては、雲の上の存在ですが、ちょっと気になるのはEOS 7D Mark IIも4Kに対応しているのでは?という件ですね。

ちょっと前にオリンパス E-M1がファームアップで4Kに対応するという話が流れ、完全な空振りに終わりましたが、EOS 7D Mark IIもファームアップだけで、4Kになることは考え難いとは思います。
しかし、EOS C100で、デュアルピクセルCMOS AFをこっそり入れていた実績(^^;がありますので、EOS 7D mark IIにもそんなサプライズがあれば良いですね!!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “2015年はキヤノン4Kカメラ豊作の年に?EOS 7D mark IIもファームアップで???

  • 2014年10月27日 at 12:46 PM
    Permalink

    とうとう、パナ以外のメーカーからも4Kが出るようですね。パナの目標はおそらく8Kでしょうから、最初に8K対応機を出すのもパナだと思います。

    Reply
    • 2014年10月28日 at 8:23 PM
      Permalink

      一眼レフのセンサーが800万画素が普通になったのは2004年頃だと思いますが、ちょうど10年経ってコンデジに4K動画が搭載されたということですね。
      そして8Kに必要な3000万画素以上のセンサーが出始めましたので、誰もが8Kを買えるようになるは再び10年の時が必要になるのか、それとも、もっと早く出てくるのか、6年後の東京オリンピックあたりがちょうどその次期になりそうな予感もします。

      Reply

コメントを残す