スポンサードリンク

ソニーα7sのマウントはたわまなくなった(Phot of the Day)

Pocket
LINEで送る

写真家の田中希美男先生のブログPhot of the Dayにソニーα7シリーズのマウントの違いについての記事が掲載されています。

ボディの金属マウント部を指で強く押しつけると少しだけど「たわむ」。指で押して「たわむ」ボディマウントなんて、ぼくはいままでに見たことない。

Via : Photo of the Day ボディマウントの強度をこっそり改善

  • α7とα7R
    • 金属部が薄っぺらで指で強く押しつけると少しだけど「たわむ」
    • 内爪はプラスチック製、プラと金属の2階建て構造
    • APS-Cサイズ判のEマウントカメラでも経験
    • 店頭のデモ機では内爪のプラスチックはカドは削れて丸くなりボロボロ状態
  • α7S
    • マウントの内爪が「金属製」になった
    • 「たわみ」がほとんどなくなった
    • ボロボロになる心配もない

田中先生の記事では、従来のEマウントで使われているプラスチック製のツメと、α7sの金属製のツメ部分の写真が掲載されています。

α7sは、高感度最強のセンセーだけで無く、ボディ側もよりプロ向けに改良されているんですね。

ちなみに、純正αマウントアダプター LA-EA4のαマウント側は金属製に見えます。

このお話は、これまでも何度か話題になりましたが、α7sのマウントが金属製になったおかけでちょっとした弊害も報告されているようです。
Twitterの@zapaさんのご報告。

高精度のマウントアダプターを購入する必要があるということですのが、α7sな皆さんは大丈夫ですよね!;;;^^)

【送料無料】ソニー マウントアダプター LA-EA4

【送料無料】ソニー マウントアダプター LA-EA4
価格:28,600円(税込、送料込)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す