スポンサードリンク

ライカが新Sシステムカメラ「Leica S (Typ 007)」発表 4K動画、Wi-Fi、GPS

Pocket
LINEで送る

ライカがフォトキナでSシステムのフラッグシップ最新モデル「Leica S Typ 007」を発表しました。

Leica S Typ 007
Leica S Typ 007
  • 30mmx45mm 3750万画素「ライカCMOS」センサー
  • ダイナミックレンジ 13stop
  • 16ビットカラーデプス
  • ISO100〜ISO6400
  • 「ライカ Maestro(マエストロ)II」イメージプロセッサー
  • 毎秒最大3.5 コマ
  • フルハイビジョン動画 24/25/30fps
  • 4K 動画は4096×2160 24fps
  • 高速『ライブビュー』モード
  • 2GB のバッファメモリ
  • 新採用の最高1/4000 秒フォーカルプレーンシャッターは最低15 万ショットと大幅な長寿命化
  • 最高1/1000 秒までのシャッター速度にフラッシュを同調できるCS レンズのセントラルシャッター
  • 高速の動体予測AF モジュール
  • 無線LAN内蔵
  • GPS システム内蔵
  • レベリングエイドは二軸レベラー(アルコール水準器)が読んだ情報をビューファインダー内に表示
  • 3インチ92万ドット液晶モニタにはゴリラガラスを採用
  • より大きな上面パネル半透過型液晶ディスプレイ
  • 新採用のステンレス製バヨネット
  • レンズはほこりや雨などの影響を防ぐ密封構造
  • コンパクトフラッシュカードとSD メモリーカードの個別スロット
  • サイズ 160 × 80 × 120 mm
  • 質量  1260g(バッテリー込み)
  • 「ライカ プロテクションプラン(LPP)」を用意、3 年間の保証延長や修理時の代替機貸し出しなどのサポート
  • 2015 年発売予定

ライカのフォトキナでの大漁発表が続いています、、、、更新が追いつきませんorz

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す