スポンサードリンク

ライカSシステムエントリカメラ「Leica S-E(Typ 006)」発表「実証済みの優れた品質」

Pocket
LINEで送る

Leicaがフォトキナで、Sシステムのエントリモデル「Leica S-E」を発表しました。

基本的には既存のSシステムを引き継ぐカメラということですが、プロ用としての基本性能は高いことには変わりません。

  • 1回のバッテリー充電で1,000枚以上の画像を撮影できる
  • バッファメモリの容量は2GBで、最大32枚の圧縮DNGファイルを連続撮影出来る
  • デュアルシャッターシステム
  • 3750万画素 30x45mmの大型撮像素子
  • 感度設定はISO 100~1600
  • ダイナミックレンジ 12stop
  • 16bitカラーデプス
  • 連写 1.5コマ/秒
  • 背面液晶 3インチ 92万ドット TFT
  • サイズ 160 × 80 × 120 mm
  • 質量  1260 g(バッテリー込み)
  • 2014 年10 月より発売予定

中判デジタルのPENTAX 645Zが搭載しているのは、ソニー製43.8mmx32.8mmで、4:3フォーマットですが、Leica S-Eは45mmx30mmで3:2フォーマットのライカプロフォーマットの3750万画素のCCDセンサーとなります。

日本での価格はどれくらいになるのでしょうか?
エントリカメラとは言え、流石に、いや、絶対に手が届かない領域に突入していると思いますが;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す