スポンサードリンク

液晶無しデジタルレンジファインダー「Leica M Edition 60」はAudiデザイン

Pocket
LINEで送る

何とリアスクリーンが無いというMシリーズレンジファインダーデジタルカメラ「Leica M Edition 60 」が来週のフォトキナで発表されるという噂ですが、その追加情報がLeica News & Rumorsにアップされています。

Here are some additional details on the upcoming Leica M Edition 60 camera:

Via : Leica M Edition 60 camera to be designed by Audi | Leica News & Rumors

 

  • Leica Mシステム60周年記念モデル
  • Leica M Typ 240がベース
  • Summilux-M 35 mm f/1.4 ASPH レンズ同梱となる
  • LCDスクリーンが無く、背面にはISOダイアルが配置されている
  • DNGフォーマットで記録される
  • ステンレス合金及びアントラシート(ダークグレー)色のレザー製
  • Audiデザイン
  • 限定600台
  • スリーブケース付属
  • 価格は約16,000ユーロ(約20,000米ドル)

リア液晶無しということは、ホワイトバランスや画質設定に関係なくシャッターを切る撮影となり、RAW現像専用にするということで、銀塩カメラの原点をリスペクトするカメラなのかもしれませんね。

ライカのフォトキナでの発表が楽しみですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す