スポンサードリンク

Canon「EOS-1」シリーズ誕生25周年!

Pocket
LINEで送る

キヤノンのHPにフラッグシップ機「EOS-1」シリーズ誕生25周年のリリースが発表されました!

2014年、キヤノンのレンズ交換式カメラEOSシリーズのフラッグシップモデルである「EOS-1」シリーズは、1989年の初号機「EOS-1」の誕生から25周年を迎えました。

Via : 一眼レフカメラ最上位モデル「EOS-1」シリーズ誕生から25周年

  • 1987年「EOS」が誕生
  • 1989 年にプロ向けの最高級機「EOS-1」が誕生これが初号機
  • 1994年「EOS-1N」を発売
  • 2000年「EOS-1V」を投入
  • 2001年フラッグシップ機で初のデジタル一眼レフカメラなる「EOS-1D」
  • 2002年には35mmフルサイズセンサーを搭載した「EOS-1Ds」
  • 2012年6月に13 機種目にあたる「EOS-1D X」を発売

私も、数年前にはEOS 1D系を使っていたこともあり感慨深いです。

25周年おめでとうございます!

「EOS」シリーズは1987年からスタートし、1989年にプロ向けとして「EOS-1」を発表。1994年にはAF測距点を増やし動体予測の精度を高めた「EOS-1N」、2000年には9コマ秒の高速連写を可能とした「EOS-1V」と新製品を投入してきた。

Via : プロ向け一眼レフ「EOS-1」シリーズが誕生25周年 – ITmedia デジカメプラス

EOS-1は、世界初の電子マウント方式を採用したAF一眼レフカメラとして1987年に誕生した「EOS」のプロ向け最高級機として、2年後の1989年に登場。「意思に従う自動化」というEOSの思想に基づき、最先端技術、最高クラスの性能、高耐久性、堅牢性、信頼性の実現でプロの要求に応えるフラッグシップに位置づけている。

Via : キヤノン「EOS-1」シリーズが誕生25周年を迎える – デジカメ Watch

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す