スポンサードリンク

縮小光学系アダプターLENS TURBO2 は周辺部の性能が大きく向上(metalmickey’s blog)

Pocket
LINEで送る

オールドレンズの活用で有名ライター澤村徹氏のブログに、α6000と新フォーカルレデューサーアダプター中一光学のLENS TURBO2に関する感想が掲載されています。

レンズターボ2は周辺画質がかなりよくなっています。四隅までしっかりと解像し、広角オールドレンズと組み合わせてもOKでした。価格は従来同様の低価格路線ですから、手軽に広角オールドレンズが楽しめます

Via : 第2世代 Lens Turbo は周辺描写がイケてます: metalmickey’s blog

その作例がデジカメWatchに掲載されています。

私もNEX-6でマウントアダプタ遊びしていますので、気になる記事です。

これまで、縮小光学系アダプターのアダプターと言えば画質面でメタボーンズのSpeed Boosterがよく話題にでますが、実売が5万円前後ということでやや高価です。

LENS TURBO2は実売で2万円以内で購入出来ますので、私のようなちょっとした趣味で使うにはちょうど良い価格だと思います。

中一光学のLENS TURBO2は、各種マウントが揃っており、焦点工房から発売されています。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す