スポンサードリンク

SONY 曲面センサーで感度2倍を実現(日本経済新聞)

Pocket
LINEで送る

数週間前ソニーがフルサイズの曲面センサーに関する特許とそれを採用するというCyberShot RX2に関する予測情報が流れました。
この技術、もっと将来のものと思われていますが、その登場は意外に早いかもしれません。

4月24日に日本経済新聞のWebサイトに、「ソニー、曲面型で感度2倍 CMOSセンサー開発」という記事が掲載されています。

ソニーはスマートフォン(スマホ)やデジタルカメラの画質を大きく左右するCMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーの感度を最大で2倍に高める技術を開発した。センサーを平面ではなく曲面状にすることで実現する。ソニーはイメージセンサーをエレクトロニクス事業の成長の柱の一つと位置付けており、技術開発を加速する

Via : 2014年4月24日付 《日経産業新聞》 :日本経済新聞

更に、SONYは6月にホノルルで開催されるという「2014 Symposia on VLSI Technology and Circuits」という会合でで曲面センサーの技術を説明するという記事

すでに、その概要がPDFで公開されているということです。

これらの、ことから、近いうちのこのような曲面センサーが採用された、DSC-RX2が本当に登場することになるかもしれませんね!
期待したい!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “SONY 曲面センサーで感度2倍を実現(日本経済新聞)

コメントを残す