スポンサードリンク

PENTAX 645Z 正式発表「”Z”、それはひとつの極致」

Pocket
LINEで送る

リコーイメージングのウェブサイトに新ミディアムフォーマットカメラ「PENTAX 645Z」の発売を発表するリリースが掲載されました

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:赤羽昇)は、新たに大型CMOSイメージセンサーを採用し、有効約5140万画素という超高精細画像を実現するとともに、プロユースにも対応する快適な操作性と高い信頼性を備えたレンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」を発売いたします。

Via : 映像表現の頂点を目指した中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」を新発売|RICOH IMAGING

送信者 Dmaniax記事

発売は6月ということで、価格は本体のみで約80万円、645Dとは併売され、その上位機種という位置付けになるということです。

■主な特徴

  • イメージセンサー ローパスレスCMOS 有効約5140万画素 43.8×32.8mm
  • 画像処理エンジン PRIME III
  • 最高ISO 204800
  • AFシステム SAFOX11 27点AF F2.8光束対応 25点クロス測距 −3EV対応
  • コントラストAF可能
  • 約8.6万画素RGB測光センサー
  • マルチパターンオートWB
  • SD デュアルスロット UHS-I規格に対応
  • レンズ補正機能 回折補正、フリンジ補正
  • チルト式液晶モニター −35~125°可動
  • ライブビュー
  • 動画撮影機能 Full HDで最高60i HDで最高60p
  • 動画時最高ISO 3200の高感度設定
  • 4Kインターバル動画
  • ボディ内RAW展開
  • HDR、多重露出、インターバル撮影/合成
  • カスタムイメージ、デジタルフィルター
  • ワイヤレス・ライブビュー撮影
  • 電子水準器
  • シャッターユニットは10万回の動作試験をクリア
  • DR II&ダストアラート
  • マグネシウム合金製外装
  • アルミダイキャスト製シャシー
  • 防塵・防滴構造
  • -10℃耐寒動作保証
  • 縦位置用三脚ねじ穴
  • HDMI™ 出力
  • USB3.0
  • 対応マウント ペンタックス 645AF2マウントレンズ、645AFマウントレンズ、645Aマウントレンズ
  • サイズ 約156mm(幅)×117mm(高)×123mm(厚) (突起部を除く)
  • 質量 約1550g(バッテリー、SDカード1枚付き) 約1470g(本体のみ)

 

■リコーイメージングの製品情報ページはこちら

 

■公式サンプルイメージページはこちら

 

■PENRAZ 645Z スペシャルサイトはこちら

 

■各メディアのニュースページ

 

2010年6月に発売した「PENTAX 645D」をベースにした上位モデル。新型センサーの採用を始め、内容を一新した。645Dは当面併売する。機種名の“Z”は645シリーズの究極を意味するという。

Via : 5,140万画素CMOSセンサーの中判デジタルカメラ「PENTAX 645Z」 – デジカメ Watch

リコーイメージングから、中判デジタルカメラの新機種「PENTAX 645Z」が発表された。6月末発売予定で予想実売価格は86万円前後。今年2月に横浜で開催された「CP+2014」で「PENTAX 645D 2014」として参考展示され、春頃に発売とアナウンスされていた製品だ。

Via : ASCII.jp:ライブビューもできる中判デジカメ「PENTAX 645Z」がついに発表!

最大の変更点は撮像素子。645Dでは有効画素数が4000万で寸法が44mm×33mmのCCDセンサーを搭載していたが、645Zでは有効画素数が5140万で寸法が43.8mm×32.8mmのCMOSイメージセンサーを採用した。

Via : 5000万画素超の一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」、6月末に発売へ – 家電・モバイル – 日経テクノロジーオンライン

リコーイメージングは4月15日、中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645Z」を発表した。発売は6月末で、価格はオープンとなっている。推定市場価格は本体のみで80万円前後(税別)。

Via : リコーイメージング、5,140万画素CMOS搭載の中判一眼レフ「PENTAX 645Z」 | マイナビニュース

645AF2マウントを採用した中判デジタル一眼レフ。2010年発売の「645D」をベースに、画質や信頼性を向上。イメージセンサーと画像処理エンジンも一新している。

Via : リコー、4Kインターバル動画対応、5,140万画素の中判一眼レフ「PENTAX 645Z」 – AV Watch

中判デジタル一眼『645D』登場から4年経過。『645Z』は645Dの兄機にあたり、有効5140万画素、43.8×32.8mmサイズの新CMOSセンサーに、チルト式液晶と最新AFシステムを搭載する新機種。645Dは併売していくとのこと。

Via : 有効5140万画素のモンスターデジ一眼『PENTAX 645Z』リコーが6月末発売

機能面では、最高約3コマ/秒での10コマ連続撮影が可能。さらに、AFシステムでは、位相差AF用のモジュールとして、27点AFの「SAFOX 11」を採用。中央および上下3点は、大口径レンズ使用時のシビアなピント合わせで効果を発揮するF2.8の光束に対応した。また、AF輝度範囲は、-3EV~+18EV(ISO100、常温)と広範囲をカバーしており、肉眼でのピント合わせが困難な暗い被写体でのピント合わせを容易にする。

Via : 価格.com – リコー、5140万画素の中判デジタル一眼「PENTAX 645Z」

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す