スポンサードリンク

CP+ 2014 : Canon PowerShot G1 X Mark Ⅱハンズオン

Pocket
LINEで送る

先日の品川のキヤノンSプラザのハンズオンでは、G1X MarkⅡの外付けEVFは無かったのですが、CP+会場にはデモ機がありましたので、ハンズオンさせて頂きました。

 

  • ネットでアップされていた画像では大きく見えていたEVFもモジュールですが、実際はそれほどの大きさを感じることはありませんでした。
  • 上方向にティルトする機構になっています。
  • アイセンサーもしっかり動作していました。
  • 素材は樹脂製のようで強度的にはちょっと不安を感じますが、そのぶん軽量を保っているようです。
  • XGA約236万画素と他社ミラーレスと比較しても高スペックで十分常用可能だと思いました。
  • G1X Mk2のボディ側にはMFボタンがありますが(コンパクトではめずらしいですよね)、MF時にレンズリングをフォーカシングに、フォーカスピーキング表示させるように設定しておくと、これまでのコンパクトには無い快適なMF撮影が可能になりました。
  • フォーカスピーキングも236万画素と高精細の為、自然にエッジが表示され邪魔にならないのが良いですね。

最短撮影距離5cmになりましたのでマクロ撮影時は、このEVFあるいは、跳ね上げ式になったEVFのどちらも活用することが出来るので、これまでマクロに弱いG1Xの評判を一掃する組合せだと思いました。

また、レンズフードを組み合わせるとちょっとしたシステムカメラのように見えます。
フードは外観の気分向上とレンズ保護という観点では約に立つと思います。

レンズバリアも装着されましたので、レンズフードの2重の構えも良いのでは無いでしょうか。

で、この外観で撮影していると、そのAF速度や、レスポンスの良さも相まって、、うーん、、、まるでミラーレスカメラw

ストロボなどESOと共用出来ますので十分システムカメラと言えると思いますが、、、

ということで、G1X MarkIIは、キヤノンのコンパクトデジタルカメラのトップモデルとして今ある技術の集大成のカメラという感じでした。

ミラーレスカメラと比較しても、それらのキットレンズと同等にサイズで、より大きなズーム倍率と明るさ、そしてカスタマイズ可能なレンズリングもコンパクトだからこそ成立する機能ですし、センサーサイズも含めて、今このサイズとこの価格で実現出来る総合性能ナンバーワンのカメラと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、上の写真は私のSONY NEX-6との比較。
ミラーレスと大きさ同じじゃん!いやEVF含めると大きい;;;^^)と思うのか?、G1X IIの方がより望遠なズームレンズ搭載して便利、と思うのかはあなた次第です(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す