スポンサードリンク

Canon EOS M2レビュー記事(ITmediaデジカメプラス)

Pocket
LINEで送る

ITmediaにキヤノンEOS M2のレビュー記事、AFの検証動画、作例などが掲載されています。

■AF

  • 最もEOS Mとの違いを感じるのはやはりAFスピード
  • てきぱきと合焦し、ストレスを感じることはない
  • ブラックアウトの時間はごく短時間に短縮されている

■使い勝手

  • ボディはWi-Fiを新搭載しながらも小さく、軽い
  • タッチパネルを含めて反応は機敏
  • 液晶の操作感はスマートフォン的でもある
  • 「レンズ光学補正」、フィルターの2枚撮りなどで「BUSY」表示が出るなど、ところどころに引っかかりを感じるのは残念

■Wi-Fi

  • 非常に多機能である。
  • EOS Remoteoでのリモート撮影は十分利用に耐えるが撮影モードの切り替えだけでもアプリから行えればと感じた

■まとめ

  • EOS Mから外観上の変化には乏しいが、使用感という意味では長足の進歩を遂げている
  • エクスキューズなしに検討の選択肢に入れることができる製品
  • 動作に際しての快適性は先代を上回っておりとても快適に使うことができた
  • 「軽くて写りが良いミラーレス」として、スマホやコンデジからのステップアップユーザーへ勧めることができる
  • 欲を言えば、「ライバルのミラーレスにはない何か」を備えて欲しい

こちら、AFの検証動画

作例など

今回のITmedia様の記事では、初代EOS Mとの比較という観点で説明されていたと思いますが、私は、EF-Mレンズがとても印象的でした。
特にEF-M11-22mm F4-5.6 IS STMレンズはミラーレスカメラだからこそ軽量で、高画質なレンズが実現出来ていると思います。

もうすぐ私もキヤノンマーケティングジャパン様からお借りしているEOS M2の借用期間は終わりますが、使い込むに従ってその良さが判るカメラとして楽しく使わせて頂いております。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す