スポンサードリンク

Canon PowerShot N100をCES2014で発表

Pocket
LINEで送る

キヤノンが海外で、ティルトスクリーンを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Powershot N100」を発表しました。

各メディアの記事

キヤノンの米国法人は2013年1月6日、コンパクトデジカメの新製品「PowerShot N100」を発表した。背面の液晶モニターの上部に小型のサブカメラを搭載し、メインのカメラで撮影した写真に撮影者の表情を重ねて1枚の写真にできる「デュアルキャプチャーモード」を搭載したのが特徴。

Via : 米キヤノン、撮影者の表情を重ねて撮れる「PowerShot N100」発表 日経トレンディネット

2013年4月に発売した「PowerShot N」の後継とみられるモデル。チルト式の液晶モニターを継承しながら、PowerShot Nに比べて一般的なコンパクトデジタルカメラらしいデザインになった。

Via : キヤノン、背面カメラ付きの「PowerShot N100」海外発表 – デジカメ Watch

Canon U.S.A.は6日(現地時間)、背面にもカメラを搭載し、被写体と自分の同時撮影が可能な新コンセプト製品「PowerShot N100」を発表した。発売は5月の予定で、推定市場価格は349.99ドル。国内発売についての情報は公開されていない。

Via : キヤノン、背面カメラ付きの「PowerShot N100」 – 米国で発表 | マイナビニュース

正方形の『PowerShot N』に続き、キヤノンの撮るのを楽しむ“N”シリーズの最新モデル。姿形はよくあるコンデジスタイルだが、撮っているカメラマン側をピクチャーインピクチャーで重ねて写すユニークな機能を装備する。

Via : 撮ってる自分も重ねて撮れるキヤノン『PowerShot N100』:CES2014

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “Canon PowerShot N100をCES2014で発表

  • 2014年1月8日 at 11:32 PM
    Permalink

    チルト式になったのは良いですが90度までなのは残念です。
    今後は他のカメラにもチルト式モニターは拡大して欲しいですね。
    しかしカメラ性能がかなり高まってるので価格次第では売れそうな気がします。
    最近のキヤノンは白が似合って来ましたね。

    あとリングシャッターみたいのは残しても良かったんじゃないかなと…

    Reply
    • 2014年1月10日 at 2:12 AM
      Permalink

      確かに自分撮りが流行っているのもあるので180度チルト欲しい方もいらっしゃるかもしれませんね〜
      レリーズ、私もNのリング素晴らしいと思います。
      一方でこのN100のレリーズ部、EOS M2の面影があるのも面白いですね!

      Reply

コメントを残す