スポンサードリンク

2013年に売れたデジタル一眼カメラは?(BCNランキング)

Pocket
LINEで送る

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」でデジタル一眼カメラ(一眼レフとミラーレス)の2013年シェアの統計のまとめ記事が掲載されています

デジタル一眼レフに限ると、前年同月比は継続して130%を超え、むしろ「好調」といっていい。2013年のデジタル一眼カメラ全体の年間販売台数は、11月末の時点ですでに2012年を超えており、過去3年間で最高の水準。

Via : 2013年、売れたデジタル一眼カメラは? 年間販売台数は過去3年間で最大に

■デジタル一眼

  • デジタル一眼は前年同月比115.3~168.3%と伸び続けている
  • デジタル一眼レフに限ると、むしろ「好調」
  • 年間販売台数は、過去3年間で最高の水準
  • 売れているのは発売直後の新製品ではなく、価格のこなれた旧機種だ。

■一眼レフシェア

  • 「EOS Kiss X5」が2年連続1位
  • 2位と3位にはニコンの「D3200」「D5200」
  • シェアは、キヤノン49.2%、ニコン42.5%、リコーイメージング(ペンタックス)5.2%、ソニー3.1%
  • APS-C合計 91.3%
  • フルサイズ合計 8.7%
  • 2012年に比べて上位2社のシェアの差が縮小
  • バリアングル液晶はあまり重視されていない

■ミラーレスシェア

  • 1位は、ソニー「NEX-5R」
  • 2位キヤノンの「EOS M」、3位・4位は、オリンパスの「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」「OLYMPUS PEN Lite E-PL3」
  • フォーサーズ計 43.8
  • APS-C合計 38.4
  • フルサイズ合計 0.5
  • その他 17.2
  • オリンパスとソニーの2強時代へ
  • 参入メーカーが増え、当初の「3強」からパナソニックが脱落
  • 「ミラーレス特化」を打ち出したオリンパスを「α」に統合したソニーが追う構図
  • キヤノンは「十分追いつける」と宣言したものの先行メーカーとの差は大きい
  • 「α7」「α7R」「Nikon 1 AW1」など、個性的なモデルが登場したが、飛び抜けた人気のヒット機種がないく、全体的に伸び悩んでいる

■デジタル一眼全体

  • 台数はデジカメ全体の3割弱、金額では6割
  • 全体では「EOS Kiss X5」「D3200」「D5200」「NEX-5R」「D5100」の順
  • 上位20位まで、一眼レフが13機種、ミラーレスが7機種、フルサイズは15位の「EOS 6D」が最上位

好調のレンズ交換式カメラですが、旧モデルが売れているということでユーザーの方が賢く製品を選ぶようになっているようです。
そして一眼レフの内訳として、APS-Cが90%以上、フルサイズは9%以下ということで、今年はフルサイズ元年でしたがまだまだフルサイズは上級モデルに限られているようですね。
一方のミラーレスでは、NEX-5RとEOS MとAPS-Cが上位2位となっているのが面白いです。フォーサーズのシェアが43.8&%、APS-Cのシェアが38.4%ということですので、富士フイルムの人気次第ではAPS-Cミラーレスのシェアがより増えるかもしれませんね。

【あすつく】 ニコン D5200 ダブルズームキット ブラック

【あすつく】 ニコン D5200 ダブルズームキット ブラック

オリンパス ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN Lite」 E-PL6ダブルズームキット <ホワイト>

オリンパス ミラーレス一眼「OLYMPUS PEN Lite」 E-PL6ダブルズームキット <ホワイト>

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

6 thoughts on “2013年に売れたデジタル一眼カメラは?(BCNランキング)

  • 2013年12月31日 at 12:49 AM
    Permalink

    熟成されたNEX-5Rがミラーレス機1位なのは順当かもですね。
    2位のEOS Mは意外です。キヤノンユーザーはこれしか無いとはいえ1機種でここまでとは予想以上ではないでしょうか?
    パナソニックの脱落もいつものパターンな気がします。
    デジカメの広角レンズにしても先駆けなのに他社が追いつくと勢いが無くなってしまうので毎回、次の一手が弱いのかもですね。

    いよいよ今年も終わりですね。
    楽しい記事を有り難うございました。来年も各社の動向からますます眼が離せませんので記事を楽しみにしています。

    私事ですが1月4日放送のアニメ「蟲師 特別篇」の製作に参加してますので見て頂けると幸いです。「惡の華」同様にカメラネタもあったりしますので(笑)

    Reply
    • 2013年12月31日 at 11:07 PM
      Permalink

      個人的には、NEX-5Rのトップも意外でした(^^;
      てっきり、LUMIXかPENが上位独占していると思い込んでいましたが、トップ2がAPS-Cというのも興味深いです。

      こちらこそ沢山のコメント等頂きましてありがとうございました。
      来年も宜しくお願いいたします。

      新作アニメ楽しみにしております。
      年明け早々ということで、来年も素晴らしい作品を出されること期待させて頂いております。

      Reply
  • 2013年12月31日 at 12:37 PM
    Permalink

    低価格帯の製品の落ち込みが激しかったようですね。Impress様の記事では、2013年は各社とも需要予測を誤って供給過剰から値崩れした、と総括されていました。

    EOS-M(初代機)はメーカー名やブランドよりも、価格下落で売れた可能性が高いと思います。もともと初代機は株主対策で発売されたものとの記事も出てましたし、キヤノンとしてはM2が本命ではないでしょうか。そして今回のM2は、生産台数から考えるに値崩れはなさそうです。

    そして、パナソニックに関しては楽観しています。すでに脱家電的デザイン、個性化の製品作りに方向転換していますので。

    最後に、本年は大変お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。それと、nekoseijin様、アニメ見ようと思います(笑)。

    Reply
    • 2013年12月31日 at 11:11 PM
      Permalink

      今年も、当ブログをご覧頂きましてありがとうございました。

      今年は素晴らしい製品が連発した年でしたね。それだけにメーカーも強気だったのかもしれませんね。

      来年も引き続き宜しくお願いいたします。

      Reply
  • 2014年1月4日 at 9:22 PM
    Permalink

    refcom-1さま、有り難うございます。
    二時間後位に放送ですが出来るだけ多くの方に見て頂けたら幸いです。
    本年も宜しくお願いします。

    Reply
    • 2014年1月4日 at 11:49 PM
      Permalink

      記事にさせて頂きましたm(_._)m

      Reply

コメントを残す