スポンサードリンク

オフセットマイクロレンズはSONY α7Rの方だけなんですね(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る

ソニーはα7を入門用、α7Rは画質に拘る上級者に向けたカメラとしてアピールしていますが、両機種に用いられている技術をよく見るとそれぞれの特徴が判って来ます。

There are still many questions regarding the A7 and A7r features and performance. For example we just learned that only the Sony A7r (36MP) has the offset microlens design.

Via : Things you have to know: A7r has offest microlens design (the A7 has not). A7 has electronic front curtain shutter (A7r has not). | sonyalpharumors

 

■α7Rの優れた点

  • α7Rは3600万画素に対し、α7は2400万画素。現行Eマウントレンズを使う場合にメリットがある。(クロップでα7Rは1600万画素相当、α7は1000万画素相当)
  • α7Rはローパスレスで、より高いピクセル解像感が得られる
  • α7Rのセンサーは、オフセットマイクロレンズデザインによりエッジ/コーナーの受光性能が向上している(おそらくLeica Mレンズでも良い結果が得られる)、しかし、α7のセンサーはそのような設計では無い
  • α7Rのマイクロレンズはギャップレスデザインだが、α7のセンサーはそうでは無い
  • フロントパネルはα7Rがマグネシウム合金製、α7は樹脂製
  • トップ部の2つのダイアル(露出補正及びモードダイアル)はα7Rがアルミニューム削り出し、α7のダイアルはラバータイプ

■α7の優れた点

  • 600ドル安価(28-70との組合せでベストコストパフォーマンス)
  • α7はローパスフィルターを持つので、モアレ問題を回避出来、ビデオ撮影時に向いている(動画でのモアレを消去するのは難しい)
  • α7は先幕電子シャッターを持つ、α7Rは持たない
  • α7のフラッシュシンクは1/250秒、α7Rは1/160秒
  • α7は像面位相差センサー、α7Rは違う
  • 連写はα7が5コマ/秒、α7Rは4コマ/秒

ということで、両機種ともに、それぞれ特徴を持った利点がありますね。

個人的にはフルサイズミラーレスへの期待はMFレンズで遊べることが必須でした。
なので、オフセットマイクロレンズになっているα7Rの方を購入する必要があるというのが判りましたが、流石にボディだけで20万円はキツイですね;;;^^)

 

その代わり、α7 は像面位相差AFによるビデオ撮影に向いているということですね。

また400mmクラスの望遠ズームレンズが出れば(クロップモードはあるようですが)、運動会などでも軽量なフルサイズの画質が活かせそうですね!(先日運動会だったもんでw)

ソニー α7 ズームレンズキット 《11月15日発売予定》

ソニー α7 ズームレンズキット 《11月15日発売予定》

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す