スポンサードリンク

キヤノンがニューコンセプト・デジタルビデオカメラ“iVIS mini”発表

Pocket
LINEで送る

キヤノンが新コンセプトのビデオカメラ“iVIS mini”を発表しました。
7月に海外でも発表されていたVIXIA Miniがいよいよ国内でも発売ということですね。
また、Powershot Nと同様にキヤノンオンラインショップ限定ということになります。

キヤノンは、「置き撮り」「自分撮り」など、新たな撮影スタイルと映像の楽しみ方を提案する “iVIS mini”を、2013年9月17日(9月10日12:00予約受付開始)よりキヤノンオンラインショップ限定で発売します。

Via : キヤノン:ニュースリリース

■iVIS miniの概要

  • スタンド付き、バリアングル液晶による自分撮りスタイル
  • 対角160度ワイドアングルレンズ
  • レンズの開放F値F2.8
  • 最短撮影距離:40cm
  • 1/2.3型1280万画素CMOS
  • microSD
  • Wi-Fi搭載
  • 多彩な撮影モード・画像処理
  • 連続撮影時間約45分
  • サイズ76×22×96mm、
  • 質量約180g
  • 9月10日10時からキヤノンオンラインショップ予約開始
  • 9月17日配送

■iVIS mini製品ページ

■iVIS miniスペシャルサイト

■キヤノンオンラインショップiVIS miniページ

■各メディアの記事

Engadget が「文科系アクションカメラ」と表現しているのが面白いですね。

キヤノンが「自分撮り」などに最適化した新コンセプトのビデオカメラ iVIS mini を発表しました。 iVIS mini は、モバイルプロジェクターのようなデザインで、アクションカメラの自由な撮影スタイルと、カメラを置いて撮影する自分撮り用途のどちらにも対応するムービーカメラ。

Via : キヤノンから文化系アクションカメラ iVIS mini、超広角やスマホ連携で自分撮り対応 – Engadget Japanese

自分撮りの画質を高めたビデオカメラを投入することで、スマホと組み合わせて利用するニーズを狙う。

Via : キヤノン、超広角レンズ搭載の“自分撮り用”ビデオカメラ「iVIS mini」 日経トレンディネット

キヤノンは、動画投稿サイトなどにアップするダンスや歌唱の撮影など、“自分撮り”を快適に行なえる新コンセプトのビデオカメラ「iVIS mini」を9月中旬に発売する。直販サイトのキヤノンオンラインショップ限定販売となり、直販価格は29,980円。カラーはブラックとホワイト。

Via : キヤノン、自分撮り特化した新カメラ「iVIS mini」 – AV Watch

本体は高さ22mm×幅76mm×奥行き96mmで、バリアングル式の2.7型液晶モニタと水平から60度まで任意の位置で固定できる自立式スタンドを装備。液晶モニタとスタンドを閉じた状態、背面に開いた状態、対面側に開いた状態など、自由なアングルで撮影できることが特長だ。

Via : キヤノン、自由なアングルで撮影できるコンパクトビデオカメラ「iVIS mini」登場 – CNET Japan

液晶などを閉じた状態ではサイズ約76(W)×96(D)×22(H)mm、重量約180グラムと持ち運びやすく、手軽にダンスの練習に持って行けます。

Via : ダンス特訓に最適 小型フルHDビデオカメラ『iVIS mini』

メーカー:Canon 発売日:2013年2月15日CanoniVIS HF G20

メーカー:Canon 発売日:2013年2月15日CanoniVIS HF G20
価格:74,340円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンがニューコンセプト・デジタルビデオカメラ“iVIS mini”発表

コメントを残す