スポンサードリンク

Hasselblad Lunar 作例とインプレッション記事 国内予約も開始!(マップカメラKasyapa)

Pocket
LINEで送る

マップカメラの写真ギャラリーサイトKasyapaでハッセルブラッドの新ミラーレスカメラ「ルナ:Lunar」の素晴らしい作例とインプレッションが掲載されています。

ラテン語で月を意味する「Lunar」と名付けられた本機。1962年にNASAの宇宙計画に採用され人類初の月面撮影に使用された経緯を持つことでも有名な同社が「月」に由来する輝かしい名称を用いたことから、このルナが昨今のミラーレスブームに乗ったのではなく、本格的に新たな分野に挑戦しようとする意気込みのようなものが感じられます。

Via : マップカメラ | KASYAPA | 131:ハッセルブラッドの新たなチャレンジ『Lunar』 | etc.

■外観

  • 高級感ある仕上がり
  • キットレンズ「LF18-55mm F3.5-5.6 OSS」はフードやレンズキャップもお洒落に加工、細部まで徹底したデザインの拘りを感じる

■画質

  • 納得の高精細感
  • 小さなセンサーでもハッセルならではの美しい画を描き出してくれる
  • 高画質を追い求めてきた中判ユーザーでも安心して使える高スペック

■操作系

  • 光学ガラスのファインダーと見間違うような透明感のあるファインダーは撮影意欲をかき立ててくれる
  • フリーアングルの液晶モニターが、ウエストレベルの撮影も可能、どことなくハッセルらしさを感じる仕上がり
  • 2つのコントロールダイヤルが初めて触るスウェーデン製のカメラとは思えない直感的で快適な操作が可能

■まとめ

  • 究極のデジタルミラーレス一眼カメラ
  • 不思議な引力を持つカメラ

ソニーのEマウント採用によって、ツァイスレンズと組み合わせることが出来ます。
そんな最高の組み合わせで、最高の画質と高級感を堪能出来そうなカメラですね。

マップカメラでLunarの予約開始されていますが、Hasselblad買う方はこのお値段にも全然驚かない?ということですよね(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す