スポンサードリンク

パナソニックがアクションカメラを作ったら。。。「HX-A100」発売!

Pocket
LINEで送る

Panasonicが所謂GoProを始めとするアクションカメラに参入しました。
しかもレンズ部分別体式という個性的なカメラになっています

パナソニックがCESなどで発表していたレンズ+イメージセンサーのユニットが別体式のウェアラブルカメラ「HX-A100」を本当に(^^;発表しました。

Via : パナソニックが発表したアクションカム?「HX-A100」が面白い! | [246]ログ

パナソニックのHX-A100公式サイトでは「アドベンチャーカメラ」という表現使われています

プレスリリースでは「ウェアラブルカメラ」という表現です。

ハンズフリーで撮る、身につけるカメラ。カメラ部と本体部が分離している二体型で軽量・コンパクト ウェアラブルカメラ HX-A100を発売 小型ながら高画質フルハイビジョン動画記録を実現

Via : ウェアラブルカメラ HX-A100を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic

撮像素子は1/4.1インチ裏面照射型MOS固体撮像素子 総画素数は332万ということです。
そしてカメラ部:約30g 本体部:約117gという別体軽量設計が特徴ですね。

本体とカメラ部を分離することでこれまでに無いカメラの使い方が出来そうですね。

また連続撮影時間が140分というのも特徴で、これはレンズ側にバッテリーの重量がかからずウェアラブルにそれほど負担が掛からずバッテリー容量にも余裕が出て来るということかもしれませんね。

早速、「HX-A100」で撮影した公式作品もアップされています。

ちなみに「HX-A100」の公式ページは、パナソニックの“デジタルビデオカメラ”のページでは無く、かつてSANYO Xactiの流れとして分類されている“デジタルムービーカメラ”のページで紹介されているも興味深いですね。

ウェアラブルカメラ、あるいは、アクションカメラと言えばGoProが開拓した市場と言って良いとおもいますが、そJVCとSONYなど大手も参入、そして次はパナソニックということでますますこのジャンルも盛り上がりそうですね。

ネットでも早速予約開始されています!!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す