スポンサードリンク

シグマ DP3 Merrill 正式発表 発売2月

Pocket
LINEで送る

SIGMA DP3プレスリリースページ

株式会社シグマ(代表取締役社長:山木和人)は、4,600万画素(4,800×3,200×3層)Foveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム“Merrill”)を搭載した高画質コンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP」シリーズの新たなラインナップとして50mm F2.8の高性能レンズを搭載した「SIGMA DP3 Merrill」を発表致します。  「SIGMA DP」シリーズは、APS-Cサイズの大型イメージセンサーをコンパクトなボディに搭載した、高画質デジタルカメラです。フルカラーFoveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネーム “Merrill”)を採用し、圧倒的な解像感と豊かな階調表現による自然で立体感のある描写を実現しています。  「SIGMA DP3 Merrill」は、高性能50mm F2.8レンズ(35mm版カメラ換算75mm相当の画角)を搭載しました。開放から高性能でシャープな描写性能を発揮し、被写体の情報を画面の隅々まで余すことなくセンサーに伝えます。近接能力を強化し、本格的なマクロ撮影も可能です。  この「SIGMA DP3 Merrill」の発売により、広角域の撮影は「SIGMA DP1 Merrill」、標準域の撮影は「SIGMA DP2 Merrill」、中望遠域やマクロ撮影には「SIGMA DP3 Merrill」と、使い分けることで様々なシーンに対応できると考えております。

Via : SIGMA DP3 Merrill発表|株式会社シグマ

SIGMAのDPスペシャルサイトにDP3 Merrillの製品ページが出来ていました。

デジカメWatchの記事

シグマは、レンズ一体型デジタルカメラ「SIGMA DP3 Merrill」を2月に発売する。価格はオープンプライス。  ジェネレーションネーム「Merrill」のセンサーを採用した「DP」シリーズの第3弾

Via : シグマ、中望遠75mm相当F2.8レンズ搭載の「DP3 Merrill」

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “シグマ DP3 Merrill 正式発表 発売2月

  • 2013年1月9日 at 2:55 AM
    Permalink

    これはまたニッチなカメラですねぇ…
    高性能レンズにセンサーがついてると思えば安いのかもしれませんがセンサーがセンサーだけに50mmで手ぶれ補正が無いのは辛い気もします。
    ここまでくるとミラーレス機が無いのが不思議に思えますね。

    もし出すならシグママウントだけでなくFマウントやEFマウントも出して欲しいです。
    売れると思うのですがどうでしょうか(笑)

    Reply
    • 2013年1月10日 at 2:09 PM
      Permalink

      75mmの単焦点デジカメなんてDP3M以外にはよほどのことで無い限り現れないかもしれませんね。
      唯一可能性があるのが、GXRユニットだと思いますが・・・・

      山木社長の昨年末雑誌インタビューではミラーレスのメリットは高画質を追及出来るということでしたね。
      他社の入門機から路線とは180度考え方が違うのが面白いと思いますが、とすれば今後、高画質のカメラ=ミラーレスになれば、シグマもレンズも含めてミラーレスに注力ことになるのでは無いでしょうか・・・・

      ですがシグマはニコンと交換レンズについて特許紛争などの話題がありましたので、ボディ側で他社マウントはよりヤバイのでは無いでしょうか?;;;^^)

      Reply

コメントを残す