スポンサードリンク

キヤノン Powershot G1 X の後継機はAPS-C?(エンジニアの嗜み)

Pocket
LINEで送る

エンジニアの嗜み様に、キヤノンがAPS-Cセンサーに対応するコンパクトデジタルカメラ用(と思われる)ズームレンズの特許出願情報を解説されています。

キヤノンもこの手の出願が活発になってきましたね。 大きな撮像素子、デジタル補正前提の光学設計、そして短いバックフォーカスが特徴です。 コンデジ用レンズの設計をそのまま大きな撮像素子に転用した感じでしょうか。

Via : Canon 18-70mm F2.8-6 の特許:エンジニアの嗜み:So-netブログ

APS-Cセンサーのズーム機と言えば、RICOH GXR A16 24mm-85mm F3.5-5.5がありますね。
キヤノンの特許は18-70mm F2.8-6 ということですので、広角側はより明るく、望遠も少し伸びています。

リコー、シグマ、富士フイルム、キヤノン、ソニー、と大型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ(あるいはそれに類するもの)を続々発表していますが、Canon Powershot G1Xの後継、G2 X?は、APS-Cセンサーを搭載することになるのでしょうか?

ミラーレス EOS Mの像面位相差AFセンサーを採用すれば(AFも高速化して)Powershot G2 X?もより魅力的なコンパクトデジタルカメラになるかもしれませんね!!

楽しみです!!

おっ、GXR A16キットがお買い得かも・・・・;;;^^)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す