スポンサードリンク

ニコン D600レビューと感度別サンプルイメージ(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメWatchのnikon D600長期リアルタイムレポートページに、感度設定に関するレビュー記事がアップされています。

「D600」の感度設定範囲は、常用でISO100からISO6400まで。拡張設定を含めるとISO50相当の「L 1.0」からISO25600相当の「H 2.0」までとなる。画素数が半分の「D700」と最高感度が同じなのだから、よく頑張ったといっていいと思う一方、ライバルのキヤノン「EOS 6D」はISO102400相当(感度拡張でH2時)まで使えるのを考えるとちょっと見劣りも感じてしまう。

Via : ニコンD600【第4回】 – デジカメWatch

  • ISO1600は低感度域という印象
  • ISO3200、ISO6400にで、ようやく「あ、感度上がってきてるね」感が目に見えてくる
  • 普通に使っていいかなと思えるのはISO3200まで
  • ISO6400のノイズは常用するにはちょっと抵抗がある
  • D700に対しD600は増感モードのH 1.0やH 2.0が、ISO6400の延長線上にある感じ
  • ある程度ノイズ低減を効かせたほうがよさそう

流石FXフォーマットのフルサイズイメージセンサーを搭載するだけあって、高感度は強そうですね。
また、D600は感度調整について様々な設定が出来るようでベストな設定を見つける楽しみもありそうですね。

dmaniaxは、フルサイズの場合いろいろ悩むより高感度を常用するのが好きです;;;^^)

【送料無料】ニコンD600スーパーブック

【送料無料】ニコンD600スーパーブック
価格:1,680円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す