スポンサードリンク

ソニー NEX-6 / NEX-5R 「ファストハイブリッドAF」搭載ミラーレスカメラ正式発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーが国内でも、NEX-6とNEX-5Rを発表しました。

コントラストAFと像面位相差センサーを組み合わせたAFシステムは「ファストハイブリッドAF」という名称になりました。

プレスリリースページによれば発売は11月16日、

ソニーは、有効約1610万画素の“Exmor”APS HD CMOSイメージセンサー、高速性と動体への追従性に優れた「ファストハイブリッドAF」システムおよび“α”として、初めてWi-Fi機能を搭載したレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α”『NEX-5R』、『NEX-6』の2機種を発売します。

Via : 新開発「ファストハイブリッドAF」システム、Wi-Fi機能搭載 ミラーレス一眼カメラ | プレスリリース | ソニー

公式発表では価格はオープンプライス。
実売価格ですがNEX-6が10万円を切る価格、NEX-5Rが8万円前後という価格ですから、7万円台で販売されているNEX-7と下克上現象となっていますね。

価格はオープン。店頭予想価格は、ボディ単体が9万5,000円前後、パワーズームレンズキットが11万円前後、ダブルズームレンズキットが13万5,000円前後の見込み。

Via : ソニー、無線LAN・アプリ機能搭載の「NEX-6」 – デジカメWatch

店頭予想価格はボディ単体(ブラックのみ)が8万円前後、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSをセットにしたパワーズームレンズキットが9万5,000円前後、パワーズームレンズキットにE 55-210mm F4-6.3 OSSを加えたダブルズームレンズキットが12万円前後の見込み。

Via : ソニー、無線LANと180度チルトモニター搭載の「NEX-5R」を国内発売 – デジカメWatch

また、例のダウンロードアプリの一部が500円で販売されることになるようですが、どれくらい浸透するか興味があります。

製品ページはこちら

先に海外で公開されていた公式プロモーション動画も公開されています。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

2 thoughts on “ソニー NEX-6 / NEX-5R 「ファストハイブリッドAF」搭載ミラーレスカメラ正式発表

  • 2012年10月31日 at 10:15 PM
    Permalink

    フォトキナではEOS M同様にAFが遅い…という意見もあったようですが改善されてるのでしょうか?
    EOS Mも製品版は多少は改善されてるらしいですが5Rと6は連射速度も速いのでAFが効くとなるとかなり魅力的なカメラになるかと思います。

    しかしNEXは値段が高めです…やはり二年後に中古狙いかな(笑)

    気になったのはソニーの発表では現在はソニーがミラーレス機でシェアナンバー1だということですがいつの間に?夏くらいまではニコンの下で4位だったハズですが?

    個人的にはもうEレンズは買わないと思ってましたがE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSが値段も安めなので気になってます。

    Reply
    • 2012年11月5日 at 9:00 PM
      Permalink

      確かにNEXは魅力的ですが、ご指摘の通り高いです。。。。

      ここ最近ソニーやキヤノンはモデルチェンジと価格下落の循環を食い止めるような新製品を出していますね。
      パナGH3やNikon 1 V2にしてもぐっと価格を上げて来ましたね。
      各社、シェアから利益重視の方向に動いているのかもしれません。

      AF速度も難しいですねー
      早ければ売れるというわけでもなさそうですし・・・・

      ソニーのシェアナンバーワンですが、9月に本当に一瞬トップになった統計もあるようです。⇒こちら
      本当に一瞬だったようですが(^^;

      Reply

コメントを残す