スポンサードリンク

富士フイルム X-E1 プレスリリース文 11月発売!(photorumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルム X-E1の英文プレスリリース及び製品イメージが公開されているようです

Fuji Photo Film Co., Ltd. (President: Goosen Shigetaka) honor announced a new X-E1, Fujifilm year paragraph interchangeable lens digital camera. Keeping up with the pace of the market has been acclaimed X-Pro1, X-E1 uses the same X-Pro1 Fujifilm’s exclusive X-Trans CMOS sensor, high-specification organic EL electronic viewfinder, with built-in flash compact body and X-mount compatible Fujinon XF series lens product line. In addition, Fujifilm will this fall XF series lens group to expand from three to five, and will be extended to 10 in 2013 years, in order to better adapt to the needs of different customers.

Via : Breaking: Fujifilm X-E1 full press release | Photo Rumors

■FUJIFILM X-E1特徴

  • X-Pro1より小型のボディ
  • 0.1秒の超高速AF
  • 新開発F2.8標準ズームレンズには、光学手ブレ補正搭載
  • 11月発売
  • シルバーとブラックの2種類のボディ
  • クラシックなデザイン
  • 高品質 メイドインジャパン
  • トップカバー及びフロントカバーはマグネシウム合金ダイキャスト製
  • X-E1の大きさは、X100とほぼ同等だが、よりコンパクトに軽量なデザイン(約350g)
  • グリップ感を向上させるラバーハンドルなどのアクセサリ
  • 市場調査の結果より簡単に扱えるXシリーズカメラが必要となった
  • X-Pro1よりスムースな形状、リラックス出来る素材感、より良い操作感
  • X-Pro1と同様にレンズ周りの絞りコントロールと左上のシャッタースピードダイアルでファンダーを覗いたまま直感的でスピーディーな操作が可能
  • ファンクションボタンによるカスタマイズ
  • 周囲に溶け込むブラックと、都会的でクールなシルバーの2色を準備
  • 優れたバッテリーライフ 350枚
  • 室内での正確なマクロ撮影の露出に対応するTTLフラッシュシステム
  • EVF
    • 236万ピクセルの有機EL EVFは、自然で、明るく、視野角25度を確保し、より見易く正確な構図を可能にするビューファインダーとなっている
    • ファインダー光学系には、2枚ガラス、そのうち1枚は両面非球面レンズを採用し、光学ビューファインダーより正確はフレーミングを可能にする
    • EVFの有機ELパネルは1:5000 のハイコントラスト、フォーカス、露出、ホワイトバランス、フィルムシミュレーションを確認しながら撮影可能
    • 23mmのソフトレジンアイピースが付属、ダイルで視度調整が可能(X-Pro1はレンズ交換式)
  • 1630万画素、X-Trans CMOS センサーは、独自の6×6カラーフィルターアレイによりローパスレスと銀塩フィルムライクな表現と、ローノイズ、高解像度を実現し、問題無く2700mm X 1800mm サイズのプリントに適用する
  • 画像処理エンジンは“EXR processor PRO” 高速、高精度のハイスピードリアルタイムプロセッシングを可能にしている
  • フジノン XF 18-55 F2.8-4 R LM OISレンズ
    • ハイエンドのリニアモーターを採用、CMOSセンサーの高速読み出し、EXR Proエンジンの高速処理で、0.1秒の超高速AFを実現
    • 新 XF-18-55mm F2.8-F4ズームレンズは10群14枚、非球面レンズ3枚、絞羽枚数7枚で美しいボケ
    • 大口径だが、軽量コンパクト設計で持ち運びが楽
    • 他のXFレンズ同様、絞りリングを装備し左手で直感的なコントロールが可能
    • OIS手ブレ補正は4段分
  • 富士フイルム Xマウントのフランジバックは17.7mm、フランジ面から7.5mmまでボディ側にレンズ後端をインサート可能な設計
  • マウントの電子接点は10点でレンズ側とのハイスピードな通信を実現しAFや絞り制御を高速にしている
  • Mマウントアダプタも装着可能
  • フィルムシミュレーションモード
    • 高彩度、卓越した赤と緑のトーンを持つベルビアモードソフト、
    • 緻密、スムースなトーンの肌表現を持つアスティアモード
    • 忠実な色再現のプロビアモード
    • 2つのネガフィルムモード
      • 豊かでスムースな階調を持つPRO Neg.Std
      • 室内ポートレート向けのシャープネスを持つ PRO Neg.Hi、
    • 3種類のフィルタを持つモノクロモードはノスタルジックなセピアカラーも可能
    • フィルムシミュレーションブラケットで3種類のフィルムシミュレーションを選択可能
  • 多重露光モードはEVFやLCDでその効果を確認しながら撮影が可能
  • フルHD動画撮影機能
    • Full HD (1920X1080) 24fps
    • 動画撮影時でもフィルムシミュレーションが可能
    • 大型APS-Cセンサーによってボケ効果の動画撮影が可能
    • Φ2.5mmサイズのマイクロフォンインプット端子はリモートシャッター端子を兼ね、マイク装着時には、レンズモーターの雑音などが入らない高品質な音声記録が可能

 

 

■FUJIFILM X-E1 主要スペック

  • 有効1630万画素APS-C X-Trans CMOS イメージセンサー
  • EXR PRO画像処理プロセッサー
  • FUJIFILM X マウント(フジノン XFレンズ対応)
  • 高解像度236万ピクセル 有機EL ビューファインダー
  • 2.8インチ 46万ピクセル LCDディスプレイ(ハイコントラスト、高輝度、広画角)
  • ビルトインポップアップフラッシュ(ホットシューで外部フラッシュにも対応)
  • ISO200-6400(拡張モードで、ISO200、ISO12800、ISO25600)
  • ISO-AutoはISO400~ISO6400
  • シャッターラグ0.05秒
  • Q (quick) ボタンによるクイックメニューセッティング
  • ボディ内RAW現像
  • フィルムシミュレーションモード(ベルビア、アスティア、プロビア、モノクロ、セピア、プロネガスタンダード、プロネガHi)
  • クリエイティブ機能、多重露光及びパノラマモードも含む
  • オートブラケティング機能(AE / ISO / DR & FS)
  • フルHD動画
  • マイクロフォン/シャッターリモート コネクタ(Φ2.5mm)
  • バッテリーライフ350ショット

■X-E1アクセサリ

  • 本革製カメラバッグBLC-XE1
  • フジノンXFレンズ(発表済3本、2013年発表予定2本)
  • Mマウントアダプター
  • グリップ HG-XE-1
  • フラッシュ(EF-X20, EF-20, EF-42)
  • プロテクションフィルター(PRF-39, PRF-52 及び PRF-58)
  • レリーズリモコン RR-80
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す