スポンサードリンク

ソニー NEXシリーズの動画記録ハック成功か46Mbit 1080pをテスト中?(eoshd)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー NEXのハックもテスト中という記事がアップされています。

A guy named Someone 1.00 is able to hack the NEX series of Sony mirrorless cameras for higher bitrates in video mode and more.

Via : Sony NEX hack is go – 46Mbit 1080p tested | EOSHD.com

“Someone 1.00”という方がNEXシリーズのファームウェアハックを報告。
こちらは、EOS-HDがVimeoにアップした、NEXから抜き出したファームウェアのinitrdとrootfsファイルをHEXエディタで開き、“sony”というテキストが存在することを確認している動画

Sony NEX hack by Someone 1.00 from Andrew Reid on Vimeo.

NEXシリーズは、CE Linux を組込ファームOSとして採用しているようですね。

古い記事ですが、CE Linixについてはこちら

 家電メーカー大手8社は1日、デジタルAV家電や携帯電話を対象にLinuxの機能強化・普及促進を目的とした団体「CE Linuxフォーラム(CELF)」を共同で設立したと発表した。デジタルAV機器などで利用する際の要求項目などを定め、家電用Linuxの強化につなげる。

Via : ソニー、松下など8社がCE Linuxフォーラムを設立

そして、NEX-5NとNEX-7は、NEXカムコーダー機のNEX-FS100と同じレコーディングフォーマットを採用していますので、FS100のハックの可能性も出てきたということですから、その筋の方にとってはかなり期待のトピックなのかもしれません。

NEX-5Nは低照度での画質に優れていますが、動画記録は1080/60pで24Mbitあるいは28Mbitということで相当圧縮されており画質が損なわれているということです。
ちなみに、ハックしたGH2では88Mbitあるいは176Mbitということです。

今回、NEX-5のハックで、46Mbit記録をテストされているということですが大きなトラブルは発生していないようです。
EOS-HDは今後NEXシリーズでイントラフレーム圧縮、HDMIアウトプットの改善、4:2:2サンプリング、より高い解像度などの動画記録が出来ることを期待しています。

パナソニック DMC-GH2のハックが流行っていますが、よりセンサーサイズが大きく、高感度にも強そうなNEXシリーズも同様の性能アップが出来るようなら(一部の方は)嬉しいかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す