スポンサードリンク

ソニーα99のスペックは概ね正しい、NEX-5Rも準備中?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日アップデートされたsonyalpharumorsのソニー α99のスペック情報に対して、信頼すべき情報源の確認が取れたそうです。

After posting the A99 specs I got contacted by another source.

A short update on the A99…. | sonyalpharumors

◆SONY α99

  • スペックは概ね正しい
  • ファームウェアは最終版では無いので細かい変更の可能性もある
  • ソニーはα77の時のように初期課題を解決することに尽力していると思われる

◆SONY NEX-5R

  • おそらくNEX-5Fは最終的にNEX5Rという名前が付く
  • 16-50mmパンケーキレンズも同時に発表されることになりそう
  • 更に幾つか同時発表されるものもある

ということで、α99は2400万画素、300万ドットEVF、秒10~12コマ連写、動画/静止画同時記録など特徴の透過ミラー機ということになるのでしょうか?

またNEX-5Rと新しいパンケーキレンズの登場も楽しみですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

5 thoughts on “ソニーα99のスペックは概ね正しい、NEX-5Rも準備中?(sonyalpharumors)

  • 2012年7月12日 at 3:16 AM
    Permalink

    僕はα77を買ってしまって後悔してますが、透過ミラーに付いたゴミはサービスに出さないと取れません。これが写りに影響してくるので、ユーザーが清掃できるガラスなどの素材に変更しない限り、SONYの透過ミラーカメラは欠陥商品だと思います。α77は、レンズ交換の出来ない大きなコンデジになってしまいました。結局SONYの開発陣は、それぞれ良いと思われるものを持ち寄っただけで、総合的に判断できる人物が不在なんでしょうね!

    Reply
    • 2012年7月13日 at 10:37 AM
      Permalink

      Hiroyuki様

      確かに、ソニーサイトのサービスQ&Aには持ち込み清掃を推奨されていますね。
      フルサイズになると、更にゴミにシビアになりそうなので、ご指摘のポイントは重要そうですね。
      情報ありがとうございました。

      Reply
  • 2012年7月13日 at 1:07 PM
    Permalink

    ハイテクを採用すれば、それだけ保守は個人ではできなくなるという悪循環。最近自分は、ローテクでもいいから写真が撮れればそれでよい、という気分にもなりますが。いろいろな観点から、そうもいかないんでしょうねぇ。

    最近のαやNEXは、どうも響いてくるものがないですね。ハイテク偏重主義でしょうか!?ユーザーの興味が置き去りになっている気がします。あくまで個人の印象ですが~。

    Reply
    • 2012年7月14日 at 10:32 AM
      Permalink

      カメラがハイテク?になると、どこでも作れる製品になる言えるとおもいます。

      α900のような技術の粋を集めたハイコストの光学ファインダーはもう2度と出ることは無さそうですし、一眼レフシャッターメカに関しては歴史のあるカメラメーカーでしか作れません。

      一方で、最新トレンドのハイテク?ミラーレスカメラは、家電メーカーなどでも作れるようになりました。

      ソニーの透過ミラー機は、ほぼミラーレスカメラだとおもいますが、ソニーだけ実現出来(フィルム時代はキヤノンの使っていましたが)、差別化出来る技術は大切に育てて欲しいとおもいます。

      Reply
  • 2012年7月13日 at 3:51 PM
    Permalink

    RX100のセンサーの出来を見ると,α88(99?)のセンサーはとてつもない高性能(高感度)センサーになりそうです。常識的には画素数が少ない分高感度性能が向上するのでDxOMarkでD800のスコアを上回るでしょう。ソニーの強みはオリンパスの社長が言ったように”世界一”のセンサーだと思います。
    EVFは来年から外販もするようなので、他社が欲しがるような性能(リフレッシュ・レートの向上、超精細化)に仕上げてくると思います。ファインダーの倍率を大きくできるのもEVFが有利な点です。有機ELの2世代目のEVFでOVFとEVFの論争に終止符を打つかもしれません。

    Reply

コメントを残す