スポンサードリンク

一眼レフと透過ミラー機は全てフルサイズの時代に?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは9月に開催されるフォトキナでα99あるいはα88などのフルサイズ透過ミラー機を発表することが期待されていますが、sonyalpharumorsはその後フルサイズ機の時代が来るのか?という話題を取り上げています。

I am pretty sure Nikon, Canon, Sony and maybe Pentax will bring us plenty of new Full Frame cameras at Photokina. And the battle will be particularly tuff in the FF entry-level segment.

Via : Is the future for DSLR/SLT Full Frame only? | sonyalpharumors

  • ニコン、キヤノン、ソニー、(おそらく)ペンタックスはフォトキナで複数のフルサイズカメラを発表することになる
  • これらのメーカーの戦いは、エントリレベルのフルサイズ機のセグメントに移行し、よりタフなものになると思われる
  • ソニーはα99(あるいはα88)を$2,500 ~ $2,800の間のどこかに設定すると思われる
  • 噂ではニコンとキヤノンは$2,000あるいはそれより安く設定して来るようだ
  • ただ、ソニーはより高機能のフルサイズカメラを目指していることを覚えておく必要がある
  • ペンタックスユーザーとして著名なFalk Lumo氏は、2012年のフォトキナはフルサイズ一眼レフカメラ流行の起点となり、APS-C一眼レフカメラや透過ミラー機はその後存在の意義を失うことになる。そして(2年後の)2014年のフォトキナは$1,000台で、よりコンパクトなボディのフルサイズ機がメインストリームとなっている、一方でミラーレス一眼と大型センサー搭コンパクトカメラの領域は、$500~$1,000の間に、モバイルフォンのカメラがその下に位置することになる、と予測している。
  • sonyalpharumorsの方はAPS-C一眼が消滅することは無いことを確信しながらも、ソニーはフォトキナでフルサイズミラーレス機を発表するべきであると予測。

個人的には、NEXのフルサイズミラーレス機を投入して欲しいところです。
一方で、SD1 Merrill、X-Pro1やGXRのようなフルサイズ機と同等以上の画質を実現して来るAPS-C機も出ていますので、まだまだ生き残る道はある筈ですし、フルサイズ機を10万円台で販売するとすれば、メーカーとしても自分で自分の首を締めることになり兼ねないと思いますので、今後、各社がいつパンドラの箱を開けて来るのか興味深いところですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

3 thoughts on “一眼レフと透過ミラー機は全てフルサイズの時代に?(sonyalpharumors)

  • 2012年7月5日 at 11:38 PM
    Permalink

    現下の状況では、する、しないではなく、フルサイズ化せざるを得ないでしょう…と思います。APS-Cが結果的にどうなるのかは分かりませんが、フルサイズ化がゴールではないのは確かなのではないでしょうか!? いずれ、その上のフォーマットが出てくるような気がしています。

    日本の各社が、ドイツのお膝元「フォトキナ」でフルサイズ機をぶつけてくるのは、何か象徴的な意味があるような気がします。日本 vs ドイツの構図がそこには透けて見えるからです。大きな視点で見ないと、フルサイズ化がどんな意味を持つのか見失うのではないでしょうか!?

    この辺のリサーチ&レポートは、日本のカメラ各誌にお願いしたいですね。

    Reply
    • 2012年7月7日 at 12:48 AM
      Permalink

      1年前は既にフルサイズ各機種が15万円〜20万円で販売されていましたので、予測のような事態は既に起こっていたということだと思います。
      今春の新モデルでキヤノンは価格を底上げ、ニコンは高性能化で価格低下を先延ばし、ソニーはコストの掛かる一眼レフは販売いったん中止という感じでしょうか。
      現行のフルサイズ機は価格が高いまま売れていますので、一巡の後タイミングを見計らってローコスト版を投入で冬のホリデーシーズンまでに再び10万円台で購入出来るようにするという流れのようですね。

      フォトキナは2年に1回開催される世界最大の写真関連見本市で、日本のCP++2012が来場者6.5万人なのに対して、Photokina2010が15万人以上ということでしたので各社の最も力を入れるショーということですね。
      振り返ってみれば2010はX100、SD1、K-5、D7000、60D、GXR-A12と、APS-Cの年でしたね。

      Reply
  • 2012年7月13日 at 4:06 PM
    Permalink

    RX100がAPS-Cクラスのカメラに近いか同等の性能があるように見えるので、一理あるかもしれません。

    Reply

コメントを残す