スポンサードリンク

M.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8のつかいこなし工夫(Photo of the Day)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家の田中希美男先生のブログにM.ZUIKO DIGITAL ED75mmF1.8のつかいこなしに関する記事がアップされています
前回は“疲れるレンズ”ということでしたので、それを解消するテクニックはどのようなものなのでしょうか?

この75mmF1.8レンズのオリンパスが希望する小売価格は約12万円。しかし市場での「価格」は、たぶん、いきなり9万円ぐらいになるところもあるのではないか。

Via : Photo of the Day 75mmの使いこなしのヒントとして

◆レンズ描写について

  • 買ったあとに、「うわーっ、こりゃあドジをしたかな」とは、まず思わないレンズ
  • 外観を見て持ってみるだけで、いかにも「良く写りそうだなあ」と思えてくる
  • 開放絞り値でも絞っても描写性能はそれほど変化がない
  • 逆光にも強い。レンズフードがなくてもいい、と思える
  • 写りすぎる、という贅沢な“欠点”もなくもないのが困ったところ

◆セッティングの工夫

  • 高感度ノイズ低減機能を「強」にしてから、シャープネスを「マイナス1~2」に。コントラストも必要に応じて「マイナス1または2」
  • 解像感はそこそこ保ったまま、女性が嫌う「小じわ」や「シミ、そばかす」のたぐいはだいぶ目立たなくなる。髪の毛の描写も少しだけ柔らかくなる。

◆画像処理について

  • 75mmレンズが飛び抜けた解像描写性能を備えているのに、画像処理がそれに「追いついていない」
  • シャープネス(エッジ強調)の「線が太い」
  • 同じことはニコンのD800Eの画像処理にも言える

おっと、ここでニコンD800Eの画像処理についても言及されているのは面白いですね。

実際には、ノイズ低減やシャープネスをレンズ毎にセッティングするのは大変でしょうね。
やっぱりRAWで撮影しておくのが無難ということなのでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す