スポンサードリンク

キヤノン EOS 5D mark IIIは良さがわかりにくいカメラ(Photo of the day)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

田中希美男先生のブログ、Photo of the dayにCanon EOS 5D mark IIIについて、実際に使い込まれた上での感想の記事をアップされています。

5D Mark IIIを使い始めてみると、日時を重ねるごとにその「良さ」がじわじわと伝わってくるのだ。これは良いカメラだなあ、と使うほどに感心した。キヤノンのデジタル一眼レフカメラは、だんだんと「良い方向に変わりつつあるなあ」と実感もした。

Via : Photo of the Day 使い込んでみないと良さがわかりにくいカメラ

  • 初めて手にして使い始めたときはそれほどの強い印象を受けなかった
  • 「良さ」がじわじわと伝わってくる。良いカメラだなあ、と使うほどに感心
  • キヤノンのデジタル一眼レフカメラはだんだんと「良い方向に変わりつつあるなあ」と実感
  • もっと評価されてもいいカメラなのに、どうもイマイチ盛り上がりに欠ける
  • 使い込んでみないと「良さ」がわからないようなカメラを作ってしまったというところがキヤノンの“痛恨のミス”
  • 今回ばかりはキヤノンが真正直すぎた
  • 5D Mark IIIには「飛び道具」がなかった
  • ニコンのD800/D800Eが強烈な存在感を示していたから、5D Mark IIIの魅力がよけいに薄まってしまった

キヤノンユーザーの方にとってはこの感想にかなり賛同される方も多いのでは無いでしょうか?
ただ、10万円台後半で販売されていた5D mark IIがIIIになるといきなり30万円オーバーというのは、買い替えにちょっと躊躇してしまいますね(^^;
IIはロングセラーでしたので、IIIも値下がりを待つより、良いカメラを長く使うというのも1つの方法かもしれません。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す