スポンサードリンク

富士フイルム X-S1 感度別テストイメージ(photographydailynews)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フィルムのネオ一眼(海外ではブリッジカメラ)X-S1のISOテスト記事です。

Here are some 100% crops of photos taken with the Fujifilm X-S1 at all ISO settings, from ISO 100 to ISO 12,800.

Via : Fujifilm X-S1 review : 100-12800 ISO image quality | Photography Daily News

ISO100~ISO12800でテスト

  • 同じ2/3センサーを搭載したX10と同様の傾向、同じような画質
  • 全ての感度で、既存のブリッジカメラ(ネオ一眼)ではベストの画質
  • ISO100~ISO800まで少しずつディテールが失われるのが判る
  • ISO1600も許容範囲
  • ISO3200で突然色彩情報が失われ、ノイズリダクション処理によりディテールが大きく失われ、常用はお勧めしない。
  • ISO6400では画素混合により600万画素に、ISO12800では300万画素になり、かろうじて使える画質
  • パナソニック DMC-GX1との比較ではG1Xが少し良い画質だが、大きなマイクロフォーサーズセンサーに対してはそれほど違いは無く、1EVも差が無い
  • キヤノン Powershot G1Xと比較では、キヤノンは解像度を保つノイズリダクションアルゴリズムが良く、また、大型センサーなのでG1Xの方が2EVくらい良い。

ということで、結論としてはISO3200の常用は難しいものの、あらゆるブリッジカメラ(ネオ一眼)の中ではベスト。ということです。

個人的にはとても興味があるカメラですが、気になるのは他のネオ一眼よりX-S1の方がかなりボディが大柄であるというのが微妙です。
流石に一眼の交換レンズではX-S1と同じ26倍の高倍率レンズは無く(タムロンで15倍が最高かな?)、総合的にX-S1の方が小型軽量、かつローコストかもしれませんが、もう少しボディが小さければかなり魅力的になるのでは無いでしょうか?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す