スポンサードリンク

【CP+ 2012 SONY】ソニーで気になるカメラは・・・

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーはCP+で500mm新レンズのお披露目などありますが、αもNEXも新たな発表はありませんでした。

がっ、個人的に気になるカメラはCybershot TX300V。
無線LAN、TransferJet、非接触充電と完全コードレスで運用出来るという初めてのデジタルカメラ(の筈)
更に、防水、GPSということで機能満載となっており、今使ってるTX5の買い替え候補ナンバーワンモデルです。

両面フラットな強化ガラスの外装はまるでiPhone 4Sのブラックモデルのような外観。
カメラの外装にガラス素材が使われるのも初めてのことでは無いでしょうか?

そして、ちょっとうれしくなったのは本体が収納されているのは、プラスチックケースのようなパッケージ。

TX300Vを購入すると、このスマートなデザインのプラスチックケースも付いて来るんです。
このパッケージはアタッシュケースのように付属品を全て納めて、持ち運ぶことが出来るようになっています。

ここ最近、デジタルカメラのパッケージは、ダンボール&ビニール袋とコストダウンが激しく、開封の喜びも少なくなっていますが、TX300Vに限ってはパッケージもデザインされているのが嬉しいですね。

パッケージまで拘ったデザインのTX300Vはソニーらしさ復活を象徴するサイバーショットと言って良いかもしれませんね。

さて、私がTX5を気に入っているのは、そのスライドドアをオープンするだけでカメラのスイッチが入りすぐに撮影体制に入れること。屈曲光学レンズも沈胴していないので、バリアだけの操作でON/OFFが出来るのです。

しかし、TX300Vはその美しいガラス素材をアピールする為か、スライドドアが無くなり、よりシンプルなデザインになってしまいました。
起動は上部の電源SWをオンにすることになります。
早速試してみました。


あっ、この「Eye-fiカードがあれば・・・」ってツッコミ入れてるのは私のでは無いんであしからずw

レスポンスは良いですが、電源スイッチが極小なので押し難い・・・・

ただレンズバリアとフラッシュのバリアが同時開閉するというなかなか凝った仕組みでが見ていて飽きないですし、撮影しない状態では(ほぼ)完全フラットなブラックデザインになるというソニーらしいギミックですね。
また背面はスイッチ無しで完全タッチパネルとなっていますので、本当にiPhoneのように両面ガラスなんですね。

もう一つ気になったのはTX10で追加された動画専用ボタンは省かれていました。
その代わりタッチパネルに動画撮影開始ボタンが現れます。

ただこれまでのTXシリーズでは動画専用ボタンを押しても撮影開始までのレスポンスが悪いのが欠点でしたが、TX300Vではそれは解消されていました。
それだけに動画専用ボタンがほしいぞw

また、両面ガラスボディのせいか、TX5のように耐衝撃性は無くなっているのもちょっとマイナス。

ということで、両面ガラスという画期的な素材とパッケージも含めてあくまでもスタイリッシュ、更に完全コードレスというソニーらしさ全開のTX300Vですが、デザインの為に割り切った部分も出来ているところがIt’s a SONYっていう感じでしょうか? これなら許せるって感じなのでwほしいモノリストに追加ですね。

TX300Vは3月9日発表。
Eye-fiとTransferjetを買わなくて良いことを考えたら実は安いかもw

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “【CP+ 2012 SONY】ソニーで気になるカメラは・・・

  • 2012年2月13日 at 9:14 AM
    Permalink

    IXY1と迷いますね。パッケージにまで凝るソニーが本気になると怖いです。

    Reply
    • 2012年2月13日 at 11:23 AM
      Permalink

      この記事でもスタイリッシュコンパクトのTX5使っていますが、動画品質などまだ他社が追いついていない部分もあります。
      ソニーのコンデジ恐るべしを実感しています・・・そして「QUALIA」が懐かしいw

      Reply

コメントを残す