スポンサードリンク

SIGMA DP1 Merrill, SIGMA DP2 Merrill発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

シグマニュースリリースより

画期的製品の発表を予告していたシグマですが、本当に画期的新製品というかある意味ユーザーの期待通りの製品、シグマ DP1 Merrill / DP2 Merrillを発表ですね。

SIGMA DP1 Merrill, SIGMA DP2 Merrill主な特徴

  • 有効画素数4,600万画素(4,800×3,200×3層)、記録画素数4,400万画素(4,704×3,136×3層)23.5×15.7mmフルカラー Foveon X3 Merrillセンサー搭載
  • ローパスフィルター非搭載
  • 大容量データの高速処理が可能な「デュアルTRUE II」
  • 「SIGMA DP1 Merrill」、19mm F2.8(35mm換算28mm相当)8群9枚 最短20cm 1:8.4
  • 「SIGMA DP2 Merrill」、30mm F2.8(35mm換算45mm相当)6群8枚 最短28cm 1:7.6
  • 絞り羽根枚数 9枚
  • 蛍石と同等の性能を誇るFLD(”F” Low Dispersion)ガラスやグラスモールド非球面レンズを採用
  • スーパーマルチレイヤーコートの採用
  • RAWデータとJPEGデータの同時記録
  • SIGMA Photo Pro(付属)
  • マニュアルフォーカス撮影、一眼レフカメラの様にレンズ側のフォーカスリングを回してピント調整が可能
  • ピント調整時には選択したフォーカスフレームを中心に拡大表示
  • カスタムクイックセットメニューや金属製のコマンドダイヤルを採用
  • 幅121.5mm×高さ66.7mm×奥行64.3mm、重さ340g(DP1 Merrill)
  • 幅121.5mm×高さ66.7mm×奥行59.2mm、重さ330g(DP2 Merrill)
  • SDカード採用
  • 3.0型TFT液晶モニタ採用。約92万ドットの広視野液晶モニタ
  • ホットシューを標準装備
  • 専用バヨネットレンズフードの装着が可能
  • 動画撮影も可能VGA(640×480)サイズで30fps
  • 測距点9点
  • 価格:オープン
  • 発売日未定

今度はSIGMAの「DP1 Merrill」と「DP2 Merrill」が発表されましたよ。…ん、Merrill? となった方がいらっしゃるかもしれませんね。これは写真家のディック・メリル(Dick Merrill)さんからとったもので、彼はイメージセンサーの開発に大変貢献された偉人なんだとか。そんな彼の名前をモデル名に入れるぐらいですから、SIGMAの本気度が伝わってくるような気がしますね。

Via : どんな世界なんでしょ…。SIGMAが4600万画素Foveon X3イメージセンサー搭載コンデジを発表(ギャラリーあり)(追記あり) : ギズモード・ジャパン

ただ、価格も発売日も現時点では未定ということで、かつてのSD/DPシリーズの発売予告〜発売までのリードタイムを考えると、少し気長に待つ必要があるのかもしれませんね・・・・・

(株)シグマは、同社フラグシップデジタル一眼カメラ「SIGMA SD1 Merrill」に採用しているイメージセンサー“Merrill”を搭載したコンパクトデジタルカメラ「SIGMA DP1 Merrill」「SIGMA DP2 Merrill」を発表した。価格はオープンで発売日も未定。

Via : シグマ、フラグシップ一眼同様のイメージセンサーを搭載したコンデジ「DP1 Merrill」「DP2 Merrill」 – Phile-web

Sigma has totally reinvented its DP series of large sensor compacts with the DP1 Merrill and DP2 Merrill.

Via : Sigma DP series reinvented as DP1M and DP2M with 15MPx3 sensor from SD1: Digital Photography Review

ちなみに、シグマ山木社長のtwitterタイムラインによれば従来のDP1/DP2もしばらくは併売ということです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す