スポンサードリンク

Nikon D300s 宇宙から帰還 Tokinaも一緒(Cygnus Project)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコンと言えばNASAの宇宙ミッションで採用されるスペースカメラとして知られていますが、なんと個人でNikon D300sを宇宙に打ち上げた方がいらっしゃいます。

素晴らしい撮影結果はこちら

288/365   Space

Vimeoでその様子が公開されています。

The camera was traveling in a styrofoam beer cooler from Wal Mart. The cooler was lifted into space using a 22 foot weather balloon filled with Helium. A parachute was attached to the cooler to slow and stabilize the fall of the cooler when the balloon eventually popped from lack of air pressure as it rose closer to the vacuum of space.
y

Via : Nikon D300s Sent Into Space On A Weather Balloon | Popular Photography

打ち上げ方法は、22フィートの気象観測用の気球に、回収用のGPSユニットと共にNikon D300sのハウジングをぶら下げて打ち上げたそうです。

Nikon D300sに装着されたレンズは超広角ズームレンズTokina 11-16mm f/2.8 lens 
そして、D300sが宇宙から撮影したイメージがFlickrにアップされています。

これまでコンパクトデジタルカメラを個人で宇宙に打ち上げられた方はいらしゃいましたが、おそらく個人で最初の一眼レフスペースカメラのプロジェクトとして記録に残るかもしれませんね。

ちなみに、ニコンのAPS-Cトップモデルで高価なD300sを使われたことに拍手!w
おそらくインターバル撮影が可能なモデルを選択されたと思いますが、私だったら中古のD200とか選択しちゃいそうですねw
トキナーの超広角レンズの選択は賛成w

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す