スポンサードリンク

SONYフルサイズ機は2012年に2機種同時に投入?(sonyalpharumors)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ではα850がディスコンとなり、フルサイズ機が消滅している状態で、今後ソニーのフルサイズ機の行方が暗い雰囲気もありましたが、sonyalpharumorsに寄せられた最新の情報によれば、逆にフルサイズ機を強化するという嬉しい情報です。

After yesterdays news about the discontinued Sony A850 I got many mails from readers that asked me what will happen with Sony’s full-frame line. So here is the summary of what I know!


sonyalpharumorsによれば・・・・SONYは現在2種類の画素数が異なるフルサイズセンサーを開発しているようです。
よって将来的にソニーから2012年中にフルサイズ機が2機種登場すると予想しています。
またこれらのフルサイズ機には、透過ミラー技術が使われているのは確実で(これまでの情報通り)、仮に富士フイルム FinePix X100のようなハイブリッドビューファインダーのようなものが実現可能だとしても採用されないと確信してます。

また、sonyalpharumorsにはCarlZeissがこれらのフルサイズ機の開発についてソニーと緊密な関係を持っているという多くのメールが寄せられているとのことです。
α77がもうすぐ登場しますが、このカメラ出来次第では、これらのフルサイズ透過ミラー機がいかに素晴らしいカメラになるか予測出来るかもしれません。
ーーー

これまでの、ソニーのフルサイズイメージセンサーやニコンのフルサイズ機関連の噂から推測すると、1600万画素程度で超高感度を実現するセンサーと、3000万画素以上のさらなる高解像度を狙うセンサーの2機種類ということでしょうか?

またα900の素晴らしいファインダーが無くなるのは寂しい感じがしないでもありませn。
2460万画素と今でも十分ですからこれからも末永く使えそうです、ツァイスも今後フルサイズを強化する為のレンズを開発しているようですから、今のうちにゲットしておいて損は無いかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す