スポンサードリンク

NOKTOR50mm F0.95がNEX用Eマウントレンズも追加されて帰って来た!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロフォーサーズ用超大口径交換レンズとして、話題になったNOKTOR Ff0.95ですが、今月初めそのビジネスを終了させる旨のアナウンスと共に、公式サイトを閉鎖していましたが、一ヶ月も経たないうちに、ソニーNEX用のEマウントレンズも追加して再出発することを表明したようです。

%input%

NOKTOR公式サイトも復活~

価格は$1000(ちょっと値上げ気味?)でサイト上では「売り切れ」表示になっていますが、予約受付中ということなんでしょう。

マイクロフォーサーズ用のライバルはコシナ 25mm f0.95ですが、こちらはNEX用Eマウントは発売されていません。

Noktor f0.95 の焦点距離は50mmなので、マイクロフォーサーズ(換算100mmになる)より、APS-CイメージセンサーのNEX-5/NEX-3あるいはNEX-C3での方が使い易いかもしれませんね。
ただちょっと気になるのは、Cマウントレンズをベースにしていると思われるので、イメージサークルがAPS-Cでも大丈夫かということです。

Noktor F0.95のスペックは

焦点距離 50mm
絞値 F0.95 – F16
最短撮影距離 0.6m
レンズ構成 8群8枚
重量 680g
マウントタイプ マイクロフォーサーズ、ソニーEマウント
フィルタ径 62mm

SLRmagic announced that the Noktor 50mm f/0.95 will be available for E-mount soon! Read the message on Twitter (Click here). The lens will be made in Japan (and with a new design). So we should expect a higher quality version compared to the Micro Four Thirds version. Do not confuse the Noktor with the Nokton f/0.95 lens. The Nokton is made by Voigtländer!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す