スポンサードリンク -

ソニーα7IVの新開発3300万画素センサーのダイナミックレンジは15段を実現している?(SAR)

Pocket
LINEで送る

多くのSONYフルサイズミラーレスユーザーが待ち望んでいるα7IVは10月中にも発表されるという流れになっているようですが、イメージセンサーの性能に関する噂が追加されたようです。

I can share that the newly developed 33MP sensor combined with a new processor will allow to squeeze out 15 stops of dynamic range.

Via; SAR; –
  • α7IVは現時点でも10月中旬の発表がスケジュールされている。
    • しかし全世界で発生しているチップ供給不足が改善されなければ延期される可能性も未だある。
  • 今回、新開発の3300万画素イメージセンサーと新開発のイメージプロセッサーによって、15stopのダイナミックレンジを絞り出すことが出来るという情報を共有したい。
    • ただ、これはSONYのマーケッティング上の宣伝文句かもしれないので、実写によるテストでそれが正しいのかは確認する必要がある。

現時点でのα7IVの予測スペックまとめ

  • 10月発表(チップ供給が行われれば)
  • 新開発3300万画素イメージセンサー
  • ダイナミックレンジ15Stop
  • 7Kオーバサンプリングからの4k30動画
  • ボディ側手ブレ補正(+AS)で5.5段分の補正効果
  • α7SIIIと同じボディデザイン
  • フルサイズのHDMI端子
  • UHS-II SDカード、及び、CF Xpressカード

今回の新情報は3300万画素センサーで15段のダイナミックレンジが実現されているということですが、これはα7SIIIに匹敵する性能になるということでしょうか?

α7SIIIの製品情報ページでは15+Stopが訴求されています。

ということは、α7IVはα7SIIIと同じダイナミックレンジを有し、更に7Kオーバーサンプリングから生成する動画は、α7SIIIよりも条件によっては高画質の動画を生成することが出来るということになるかもしれません。

ただ、問題はその15stopのダイナミックレンジを活用出来る出力性能・記録性能のスペックがα7SIII並みかということですね。CFExpressが採用されたということでかなり期待できますが、、、、

また、こうなるとローリングシャッター性能も気になるところですね。それが低画素で有利なα7SIIIにどれだけ近付くことが出来ているのかがポイントになりそうですね!

ソニー フルサイズミラーレス一眼 α7SM3 ボディ ILCE-7SM3

ソニー フルサイズミラーレス一眼 α7SM3 ボディ ILCE-7SM3

535,000円(12/07 22:32時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す