スポンサードリンク -

今年からニコンがレンズとアクセサリの国際補償を停止

Pocket
LINEで送る

私はNikonユーザーでは無いので知りませんでしたが、Nikonがこれまで定めていた国際補償の制度を、交換レンズやアクセサリ商品で地域補償に切り替えるという話題がNikonRumorsアップされていました。

Three weeks ago I already reported that Nikon is ending their international service warranty.

Via:NR – Nikon will no longer provide …

そこで、日本のサポートページで調べてみると、昨年の12月18日に同様のリリースが出ていました。

この度、NIKKOR交換レンズ(F マウントレンズ、Z マウントレンズ、マウントアダプターなど)および、アクセサリー製品(スピードライトなど)につきまして、国際保証書の提供を取りやめて、販売国/販売地域または仕向け地別の国内保証書に切り替えることにいたしますことをご案内申し上げます。

Via : Nikon – 交換レンズおよびアクセサリー製品の国際保証…

多くのユーザーの方は問題無いと思いますが、海外で購入したNikkorレンズやスピードライトは日本で補償が受けられない。
また、日本で購入したこれらの商品が海外で修理が受けられないということですね。

あと、並行輸入品を購入される場合は、これまでとは違って補償が受けらなくなることも留意する必要がありそうです。(未だ在庫には国際補償の製品も残っているかもしれませんが)

ちなみに、Canonは少し前から国際補償を無くしているようですね(間違っていたら申し訳ありません)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

今年からニコンがレンズとアクセサリの国際補償を停止」への1件のフィードバック

  • 2021年1月8日 @ 11:22 PM
    パーマリンク

    今までにない程内外価格差が発生しているのが影響していると推察されます。取り敢えず有償修理は可能なので、価格差で吸収できるのであればいいと思います。

    返信

Rei へ返信する コメントをキャンセル