スポンサードリンク

キヤノンがお手頃価格のEF 200-600mm f/4.5-5.6 IS 超望遠ズームを開発中?(CR)

Pocket
LINEで送る

canonrumorsが超望遠ズームレンズの開発を継続しているという情報を掲載しました。

Back in 2016 we had heard a few times that Canon would be introducing a new supertelephoto zoom, something like an EF 200-600mm f/4.5-5.6 IS.
Via : Canon Continues to Develop Supertelephoto Zoom

  • 2016年に幾度かCanonがEF 200-600mm f/4.5-5.6 ISのような新型超望遠ズームレンズを発表するだろうという話を聞いていた。
    • このレンズはSIGMAやTAMRONが支配しているセグメントに対するレンズである。
    • 長年手頃な価格のズームレンズとして供給しているEF 100-400mm f/4.5-5.6L IS IIのようなレンズとなるだろう。
  • 2017年に入ってこのレンズの噂はすっかり沈黙していた。しかし最近Canonが新超望遠ズームレンズの開発が進行しているという話が聞こえ始めている。
    • しかしこのレンズが2017年に登場しない。
    • 2018年初頭に出る可能性が高いと言われている。
  • キヤノンは新レンズの中に、競合と異なる独自の特徴を与えるという目標を持っているようだ。
    • 単なる超望遠ズームレンズは他でも可能であるが、ここ最近Canonが開発するレンズには革新的な技術を投入する傾向がある。
  • 2015年にはCanon EF 200-600mm f/4.5-5.6 ISレンズの特許を確認していた。

2015年の特許情報はこちら

またこちらも別の記事。

GWが終わりもう2017年も5ヶ月以上経過してしまいましたね。(^^;
2018年もすぐにやって来るのかもしれません、、、

ここ最近、シグマタムロンが150-600mmレンズを投入し、お手頃価格で高性能の超望遠ズームレンズが見逃せない存在となっていると思います。

Canon純正の新超望遠ズームレンズの登場は2018年になるということですが、楽しみです。

 

最新版キヤノンユーザーのための実践レンズガイド (Gakken Camera Mook)

最新版キヤノンユーザーのための実践レンズガイド (Gakken Camera Mook)

2,480円(08/20 20:45時点)
発売日: 2017/03/31
Amazonの情報を掲載しています

Canon Lレンズ 完全ガイドブック ~キヤノン EFレンズ Lシリーズ現行37種類を多彩な切り口で完全紹介

Canon Lレンズ 完全ガイドブック ~キヤノン EFレンズ Lシリーズ現行37種類を多彩な切り口で完全紹介

井村 淳, 魚住 誠一, 合地 清晃, 河野 鉄平, 髙須 力, チャーリィ古庄, 戸塚 学, 中西 昭雄, 並木 隆, 秦 達夫, 米屋 こうじ, MOSH books
発売日: 2017/01/07
Amazonの情報を掲載しています

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “キヤノンがお手頃価格のEF 200-600mm f/4.5-5.6 IS 超望遠ズームを開発中?(CR)

  • 2019年6月12日 at 9:01 AM
    Permalink

    お手頃価格と言いつつ、スペック(明るさ)はSONYの新レンズより良いものになっていますよね。。。

    ということは、40万円ぐらいはするんでしょうか?

    Reply
    • 2019年6月12日 at 11:15 AM
      Permalink

      コメントありがとうございます。このレンズはプロ向けで無いので出来ればSONYのように2000ドル台、日本円で30万円台であることを願いたいです。。。でも出来るだけ早く発表してほしいですよね。

      Reply

みらの にコメントする コメントをキャンセル