スポンサードリンク

Canon PIXUS MP640 をAirMacの無線LANセッティングしてみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在我が家にあるプリンタは、キヤノンのiP4200というちょい古いプリンタ、そしてE社のこれまたちょい古いA3ノビプリンタ、そしてB社のFAX複合機で、全部USB接続で使っているのです。

MP6400は無線LANプリントが出来るということで早速設定してみました。
我が家はAirMacで無線LAN構築していますが、さて上手く行くのでしょうか?

まずMP640の本体のネットワーク設定を行います

MP640の初期画面からこちらの無線LANセッティングに

AirMacなので、AOSSなどのカンタン設定は出来ません。
手動設定でやってみます

すぐに、AirMac のアクセスポイントを検出しました(お隣さんの無線LANもあるなー)

そして、WEPキーを入力

接続中

オケっ!

簡単接続じゃなくってもカンタンですw

次はXPマシンの方のドライバーセッティングです。
既にUSBでドライバーをインストールされた方は、アンインストールするのが一番簡単です。
再び、ドライバーをインストールし、接続をUSBでは無く、ネットワーク経由を選択すると、以下のような画面が現れます。

そしてMP640を選択して完了

これでWi-Fi経由でWindowsから印刷出来る筈ですが、一応無線LANの状態を確認してみます。

ちょっと不安定ですってw

気にしないでw印刷してみます
今回はPicasaから印刷してみました

こちらも簡単に終了

USB接続と比較して無線LANプリントは少し時間が掛かるようですが、ほぼ問題はありません。

それより、ノートPCなどは、無線LAN プリントが絶対便利なので、皆さんもセッティングしてみてくださいね。

キーポイントは、先にプリンタ側の無線LAN設定を済ませることです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.