スポンサードリンク

Canon スピードライト 270EX レビュー記事

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Impress様にキヤノンのスピードライト(ストロボ)270EXのレビュー記事が掲載されています

カメラの内蔵ストロボでは光量が不足する場合に便利なのが、クリップオンストロボだ。クリップオンストロボを使用することで、被写体との距離が離れていても内蔵外ロボより光が届くようになる。そして、クリップオンストロボを使った撮影テクニックの一つ“バウンス撮影”が利用できる。バウンス撮影は、光を天井などに反射させることで、光を拡散させて自然に写す方法だ。

270EXの魅力は何といってもコンパクトさだと思います。
EOS Kissなどエントリ向けデジタル一眼レフカメラのストロボを増強するのが主なターゲットだと思いますが、ビルトインストロボが装着されていないEOS 5D mark II用としてもサブストロボのような位置付けで普段持ち歩き用として準備されるもの良いのでは無いでしょうか?
何といっても1万円台前半という価格が、とりあえず買っておけば便利!っていう使い方もあるとおもいます・・・


単3形電池2本で動作する、軽量・コンパクトなEOSシリーズ用の外部ストロボ キヤノン 270EX


【限定3台】Canon キヤノンEOS 5D Mark II ボディ


【送料無料】【別途延長保証あり】CANON EOS Kiss X3 レンズキット デジタルカメラ 一眼レフカ…

・コンパクト。バッテリーを含んで実測191gで軽量
・手動だが、ズーム機能を搭載したのもトピック
・シュー部分には金属を採用、前モデルはプラスチック
・E-TTL II」と「E-TTL」に対応、カメラに装着して電源を入れるだけ
・調光補正などの操作はカメラ側で行なう
・メインターゲット EOS Kiss X3 エントリークラスで気軽にストロボの光量アップ
・EOS 5D Mark IIのように内蔵ストロボが無いカメラのユーザー
・ホットシュー付きのキヤノン製コンパクトデジタルカメラユーザーにもお勧め
・フル発光から充電完了までの時間は、アルカリ乾電池で約5.5秒、エネループで約3秒強
・モデリングライト機能も搭載、被写体の影の出方などを撮影前に確認できる
・上級のストロボと比べると、後ろ方向や横方向に発光部を動かせないのは物足りない
・メーカー純正の安心感をこの値段で手に入れられるのだから十分
・バウンズを活用しネットオークションなどの出品用写真撮影などにも最適
・ポケットにすっぽり入ってしまうこのサイズは大変にありがたかった

■ EOS 5D Mark IIの場合
・直射とバウンス撮影の違いは一目瞭然、光がよく回っており、自然な仕上がり
・発光部を60度と75度にもセットできるので便利だ。
・ストロボを使わないユーザーでも、270EXをAF補助光のために利用する手もある
・バウンズでの人物撮影はこのまま証明写真に使えそうな写りだ

■ PowerShot G10の場合
・ハイスピードシンクロができる、F5.6以上に絞ると1/4,000秒
・内蔵ストロボと同時に発光させることはできない。
・バウンスでのモノ撮りはコンパクトデジタルカメラで撮影したとは思えない仕上がり

ということで、レビューを読むと更に、この超コンパクトでバウンズも可能な270EXが“買い”であることが判ると思います。
また、powershot G10とのデザイン上の相性も抜群なようで、ホットシューが付いたキヤノンのコンパクトデジタルカメラユーザの方にとってもストロボの光量アップで更に撮影範囲を広げることが出来るのではないでしょうか?

現在ホットシューを持つキヤノンのコンパクトデジタルカメラは以下3機種

PowerShot G10


★キヤノン PowerShot G10 ?お一人様1台限り? 《納期:1?3週間》

PowerShot SX1 IS


【送料無料】【メモリカード付き】CANON デジタルカメラ キヤノンPowerShot(パワーショット)S…

PowerShot SX10 IS


◆送料無料◆キヤノン PSSX10IS PowerShot (パワーショット) SX10 IS

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.