スポンサードリンク

パナソニック DMC-GX1 + G X VARIO 12-35mm F2.8 試写記事(マップカメラ)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

マップカメラの写真サイトKASYAPAにパナソニックのマイクロフォーサーズレンズ、Panasonic G X VARIO 12-35mm F2.8 のレビュー&作例記事が掲載されています。

Panasonicから魅力的な新レンズの登場です。マイクロフォーサーズ規格で初めてとなる開放2.8通しの大口径ズームレンズ、画角も35mm換算で24mm~70mmと使いやすい焦点距離をグッと凝縮!

マップカメラ | KASYAPA | 079:どこでも持ち運べる2.8ズーム『G X VARIO12-35mm』 | Panasonic

ボディはLUMIX DMC-GX1 ということです。

◆描写

  • 広角遠景でもコントラストもしっかりありシャープネスも十分の力強い描写
  • 開放2.8、近接域ではボケも大きく被写体の浮かび上がるような立体感を感じる
  • 重厚なトーンの描写
  • どんなシチュエーションでも目立つ破綻が無く、安定して撮れる

◆使い勝手

  • 小型軽量で取り回しが良い
  • フォーカスも素早く反応
  • 街中でのスナップにも活躍
  • 最短撮影距離も短い
  • 暗所での手ぶれ補正の効きも心強い

◆まとめ

  • 開放2.8通し、35mm換算で24mm~70mmと使いやすい焦点距離、軽量・コンパクトさ、防塵・防滴、強い手ぶれ補正機構。まさに全部入りの豪華なスペック
  • 『明るいズームは重い』という先入観を覆す
  • この軽量さでこの描写なので迷わず選べる1本
  • マイクロフォーサーズユーザーの撮影できるシチュエーションを、確実に広げてくれるレンズ

マイクロフォーサーズの上級ユーザーの方にとっては、ほぼパーフェクトな標準ズームレンズということになりそうですね。

価格も、他社の24-70 レンズと比較すると、かなりお買い得ですね。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す