スポンサードリンク

キヤノン EOS Kiss X6i ファーストインプレッション(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジカメWatchがCanon EOS Kiss X6iの試作機レビューを掲載しています

 いわずと知れたヒットシリーズ「EOS Kiss」に、新しく「EOS Kiss X6i」が仲間入りした。外観はこれまでの「EOS Kiss X5」とほぼ変わりはないものの、既存のデジタル一眼レフカメラ全体が苦手とするライブビュー時のAFにおいて、大胆な変革を行なった意欲作だ。

Via : キヤノンEOS Kiss X6i – デジカメWatch

◆AF

  • 従来のコントラストAFよりは確かに速くなっている
  • 体感的には一般的なノンレフレックス機(ミラーレス機)に近い速度が得られている
  • ライブビュー時に画面端などで測距する場合は、位相差AFは作動せず、コントラストAFのみ
  • 大デフォーカス状態からの測距も、コントラストAFのみでハイブリッドCMOS AFが動作しないことがある
  •  「動画サーボAF」はEF-S 18-135mm  STMを装着した試作機での動作を見ると、追尾性能はなかなか
  • 位相差AFの測距点9点すべてがクロスセンサーになるなどエントリークラスとしては異例の充実度

◆ タッチパネル

  • 静電容量式のタッチパネル機構を採用。軽く触れるだけで動作し、追随性も良好
  • タッチに対する反応が速くて適切
  • デジタルカメラのタッチッパネルとしてはトップレベル
  • それが「タッチシャッター」は自信を持って搭載されたと思われる

◆EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM

  • スムーズなAF動作が体感
  • 静音性にも優れている

◆EF 40mm F2.8 STM

  • ライブビューでのスムーズなAF動作を実現
  • 見た目も良く高級感もある
  • 価格からすると大ヒットの予感がするレンズ

◆その他

  • 動画モードへの移行は電源レバーから行なうようになった
  • ペンタ部上部にステレオマイクを装備
  • 光学ファインダーそのものがEOS Kiss X5から変化していないのは残念
  • グリップの形状が若干変わったことでちやすくなった
  • シャッター音は切れが良い音でファインダーで撮っていて気持ちがよい

◆まとめ

  • 既存のデジタル一眼レフカメラ全体が苦手とするライブビュー時のAFにおいて、大胆な変革を行なった意欲作
  • 今後のEOS DIGITALの方向性を予感させる製品
  • スペックだけ見れば、一昔前の中級機に匹敵するレベルになった
  • 今まで以上に運動会などの子どもの行事で活躍

 
私も早く実機で確認したいです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す